2006年06月30日

キング・コング

「はねトび」のお笑いコンビじゃありません。
ピーター・ジャクソン監督の映画です。

日本映画の「ゴジラ」を見に来るお子様たちは、
肝心のゴジラがなかなか出てこないと、
映画館で走り回ったり、騒いだりする…
という話を聞いたことがありますが、
この映画もかなりヤバイ!!
キング・コングが出てくるまで、
なんと1時間!
L(・o・)」 オーマイガ

映画館でのお子様たちは、一体どうだったのでしょうか?
果たして、おとなしく座っていたのでしょうか?
とても気になるところです。
(#+_+)\(^_^;;)ヨシヨシ

ロード・オブ・ザ・リング」の監督だけあって、
長〜い話がお好きなのでしょうか?
この映画も3時間8分でした。
(^〜^;)ゞ イヤァ〜

あらすじです〜。
1933年の米国、
映画監督のカール(ジャック・ブラック)は、
無名の女優アン(ナオミ・ワッツ)と
脚本家ジャック(エイドリアン・ブロディ)らと
blog84.jpg


続きを読む
posted by こでぶのブーコ at 00:32| Comment(2) | TrackBack(1) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

LOST<シーズン1>2「SOS」

第2話「SOS」のストーリーです。
ジャックとケイトとチャーリーが
故障したトランシーバーを持って、森から戻ってきた。

チャーリーは、ドラッグ中毒で、機内に隠したドラッグを
捜すために、ついて行ったのだった。

戻ってくると、ソーヤー(ジョシュ・ホロウェイ)が
サイード(ナビーン・アンドリュース)と
争っていた。
ソーヤーは、機内に手錠があったことを知っていて
サイードが犯罪者だと決めつけていたのだった。
ソーヤーは、暴力的で、もめごとを起こしやすかった。

トランシーバーの故障をサイードが直すと買って出た。
サイードは、湾岸戦争に従軍していたイラク人元兵士で、
通信の知識があった。

ケイトとソーヤーが直ったトランシーバーを持って、
電波状態の良い山の上に行こうとすると、
ブーン(イアン・サマーホルダー)と
シャノン(マギー・グレイス)と
ソーヤーとチャーリーもついて来た。
ブーンとシャノンは兄妹だが、シャノンがワガママなため、
すぐに衝突するのだった。

その道中の途中で、北極にいるはずの白熊に襲われた。
その時、ソーヤーが、機内にいた刑事から盗んだ銃で
白熊を撃って、事なきを得た。

無事、電波の届くところまで到達し、
トランシーバーを操作すると、フランス語が聞こえてきた。
シャノンが唯一、フランス語がわかり、会話を訳すと、
「私一人だけが残り、後は全員死んだ」
そして、それは、16年繰り返されたメッセージだという…。

一方、ジャックは、重症の患者を助けるために、
おでぶで人の良いハーリー(ホルゲ・ガルシア)を
助手としていたが、彼は血を見てすぐに気を失ってしまった。
その重症の患者は、刑事だった。
刑事は、犯罪者を護送していて、
その犯罪者とは、実は、ケイトだった。
そして、刑事は正気を取り戻し
「あの女は危険だ。」と叫ぶのだった…。

といったあらすじです。

なんで、白熊がいるのか?
そして、トランシーバーでの会話は?
(@@?(?@@(@@?@@)@@?)(@@;)

そして、トラブルメーカーとなりそうなソーヤー。
犯罪者だったケイト。
と少しずつ、色々な謎と人物の過去が明らかにされてきます。

私は、このロストの先の話を全く知らないので、
的外れかもしれませんが、
どうやら、これは、違う時空空間へ飛ばされたのではないかな
と思いました。
トランシーバーの会話からそんな気がしました。
(*^^*ゞ ポリポリ

さてさて、次回第3話はどうなることか
お楽しみに〜!?
ワク p(^−^q=p^−^)q ワク

(「LOST<シーズン1>1「墜落」ブーログ参照)

blog83.jpg

posted by こでぶのブーコ at 00:18| Comment(1) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

ブログ進化論

「なぜ人は日記を晒(さら)すのか」
という副題がついている本で、
著者は、岡部敬史さんです。

その中で、まさにタイムリーな話題だ〜と思ったのが、
SNS(Social Network Site)です。

これは、ブログと同じような仕組みですが、
ただ一つ大きく違うところは、
既存会員から招待されたSNSの会員しか
利用できないという規定があることです。
(^^)-(^^)-(^^)-(^^)-(^^)-(^^)-(^^) ランラン♪

それゆえ、私的なことだけを書いて、
仲間内だけに知らせたいというようなことには、
便利なようです。
\( ^o)( ^ 0 ^ )(o^ )/ なかまぁ♪

さて、そのタイムリーなニュースとは、
このSNSの会員数が最大のmixi(ミクシィ)内で、
6月21日に、「mixiの日記から、ウィルスが広がっている」
という内容がチェーンメイルのように広まったという事件です。
(;_; )オロオロ ( ;_;) オロオロ

友人であるからこそ、素直に信じ、善意から、
次から次へと広がってしまったようです。
書いた本人によると、ただの「ネタ」だったそうですが、
人騒がせな話です…。
ヽ(―_― )ノ マイッタ

著書では、他にも色々な観点から、ブログを紹介しています。
企業がキャンペーンやコンテストで
ブログを募集していたことも初めて知りました。
(・  _  ・ ;) ヘェー

ブログというものをもう一度見直すのには、
興味深い本だと思いました。

blog82.jpg

posted by こでぶのブーコ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

LOST<シーズン1>1「墜落」

全米のテレビドラマシリーズです。
世界中で高視聴率をたたき出した話題のドラマで、
やっと第1巻〜第3巻までレンタルリリースされました。

全体的なストーリーとしては、どこかわからない孤島に、飛行機が墜落し、
生き残った48人の乗客が織り成すサバイバル・ドラマです。

まずは、「墜落」のストーリーです。
ジャック(マシュー・フォックス)が目覚めると、
自分が乗っていた旅客機が墜落し、大参事になっていた。
医師のジャックは、負傷者たちを手当てして回る。

ジャックは、ケイト(エバンジェリン・リリー)に
自分の背中の傷を縫ってもらうことで、
仲良くなる。

そのジャックとケイトが、トランシーバーを取りに
旅客機の先端部が落ちた森の奥へと向かうのに、
チャーリー(ドミニク・モナハン)も同行した。
チャーリーは、一発屋の元ロックバンドのメンバーだった。

ジャングルの中を捜し当てた旅客機の中には、
機長がまだ生きていて、トランシーバーを操作するが、
故障していて動かない。

その時、機長が窓から何者かにつかみ出され殺されるが、
その正体がわからぬまま、3人は逃げ出す。

という感じです。
どうやら、この島には、正体不明の謎の生物がいるようです。
ウギャーー ((((/*0*;)/

なんだか、すごく面白そうで、とても楽しみです〜!
O(;-_-X;)o ワクワク

ちなみに、チャーリー役のドミニク・モナハンは、
「ロード・オブ・ザ・リング」で
ホビットのメリー役を演じていました。

DVD ロスト シーズン1


blog81.jpg
posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

nicoのロールケーキ

西武百貨店にある、「nico」というお店です。
マンゴーのロールケーキを食べました。
ここのお店の売りは、やぎのミルクで作ったクリーム、
だそうです。

やぎのミルクは、牛乳に比べて、
消化吸収が良く
下痢になりにくく
アレルギーが発生しにくく
脂肪もつきにくいという
体に優しい健康食品ですが、
問題は、生産量の少なさと独特のニオイらしいです。

でも、ニオイなんて、ま〜ったく気になりませんでした。

って、あたりまえ〜

マンゴーの味でかき消されてるってばさ〜〜〜〜〜!
O(>< )o o( ><)o O( > <)Oジタバタ

なるほど〜、やぎのミルクか〜、やっぱり違うな〜うって、
肝心のクリームを味わうなら、

ノーマルロールケーキでしょうよ〜!
オラー ((( \\((@o@))// ))) ウラー

旦那のテカリンが買って来ました…。


やぎミルクパウダー


川村さんちのやぎのミルク


blog80.jpg


posted by こでぶのブーコ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

ネバーランド

ジョニ−・デップ主演の映画です。
子役のピーターが「チャーリーとチョコレート工場」の
フレディ・ハイモア君だったのですね〜。
「ネバーランド」で演技力の高さが目に留まり、
ジョニ−が推薦して、再度共演したらしいです。
大きくなってからの方(「チャーリーと〜」)を先に見てしまいました。
<(ToT)> シマッタァ!

USJのピーターパンのネバーランドと
通じるところがあったのには、驚きました。
「妖精を信じるなら拍手をして下さい」とか
「妖精を信じますか?」と舞台から客席に問い掛けるところです。

私が、幼稚園に通っていた遥か遠い昔…、
「ピーターパン」の舞台を見に行きました。
その時、このようなやり取りがあったのかは、

ま〜ったく覚えていません!

でも、これって古典的なのですよね。
USJでも使われていたし…。
あったのかなあ…。
(-“-;) ??

家の庭でネバーランドを上演するときに、

これは一体どこなのよ〜!
どんなに広い庭なのよ〜〜〜〜!


と叫びたくなるような風景が広がりますが、
これこそ、「信じる者は、皆行ける場所なのだ!」
ということなのでした。

日本では、よっぽどの広い庭を持っていないと
このお芝居はできないと思った私には、
永遠に行けない場所でした…。

(「USJピーターパンのネバーランド(2)」ブーログ参照?)

blog79.jpg
posted by こでぶのブーコ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

夏のショコラ・ケーキ特集〜!

悲しい気分も、落ち込んだ気分も吹っ飛ばしてくれる
ショコラ・ケーキ特集です!見ているだけで幸せ〜な気分になれます。
(^。^/) ウフ♪
って、思えるのは私だけ?





blog78.jpg
posted by こでぶのブーコ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

パティスリー・ラ・プラージュ

大阪市中央区にあり、地下鉄の谷町四丁目が最寄駅です。
結構わかりにくい場所にあるらしいのですが、
私は行ったことがなく、頂いただけです。
く(*´―`) エヘヘ

以前、テレビで紹介されていて、
エクレアがとても美味しそうだったので、
旦那のテカリンが買いに行ったのですが、
放送直後ということもあり、売り切れていました。
(〜〜。) シクシク

今回、久しぶりに行って、手に入れることができました。
そして、エクレアとシュークリームを頂きました。
○ >^*)パクッ

エクレアは、中のチョコクリームが以外と甘くなく、
代わりに、上にコーティングされたチョコレートが
とても甘く濃厚でした。
この2種類のチョコレートを使い分けているところが
とても美味しかったです。
小さめながらも、存在感ありありの1個200円です。(^・^)

シュークリームは、たっぷり入った中のカスタードクリームが
とても美味しかったです〜!
「パステル」というお店のなめらかプリンに通じるお味でしょうか?
今まで食べたシュークリームのカスタードクリームの中で、
1,2を争う美味しさでした。
サイズも、少し小さめなのが、ちょうどいい感じの
1個150円です。(^_^)

ここのお店は、TAKE OUTのみです。
東京にあったパリの三ツ星レストラン「タイユヴァン・ロブション」で、
パティシェをされていた方が独立して開店したそうです。
次回は、ぜひ、ケーキを食べてみたいと思います〜。
o(^―^)oワクワク

blog77.jpg
posted by こでぶのブーコ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

マジック革命!セロ!

テレビの番組で、セロという名前のマジシャンです。
セロさんは、テクニックと、ネタと、見せ方の
うまい人だな〜と思いました。

マジックの基本は、みな同じ、
種があるという事ですからね〜。

トランプやコインを使った定番のマジックをどう見せるか、
セロさんはそれをよく考えているなと思いました。
ビックリ〜 (/’O’;)/

コインの穴が無くなったり、復活したりするのは、
単純なコインのすり替えだと思いますが、
その見せ方が面白いのだと思います。
最後には、ボトルの穴まで開けるところとか。
\(●o○;)ノ エーッ!

八景島の水族館は、行ったことありませんが、
中央にあった小さな水槽は、マジック用に設置したのでは
ないかと思いました。
中の魚たちが、特別珍しいものには思えなかったし、
不自然な感じがしたからです。
そうだとすると、種も仕掛けられます。
でも、元々置いてあったら…失礼しました〜!です。
( ̄~ ̄;) ウーン

でも、やり方まではわかりません。
種があるに違いないとわかっていても、
どうやるのかまではわからないので、
結局、楽しめるということなのでしょうね〜。
◇ヽ(*ヘ*)ノ マイリマシタ

以前は、壁のポスターから、
ハンバーガー出していました。
これには、すごい!新しい!と感激しました。
今回は、かき氷の蜜でした。
これも、どうやっているの!?と思いました。
\( ~∇~)/ エーーーッ!

最後、ネパールで、マジックを見せてあげたら、
子供達がとても喜んでいたのが、印象的でした。
(T_T) ウルウル

blog76.jpg

posted by こでぶのブーコ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

2つ目のアボカド

1つ目のアボカドは、すくすくとたおやかに
成長を続けています。
今、15cmくらいでしょうか。
本当に立派になったなあと涙するばかりです。
(T∇T) ウウウ

小虫は相変わらず、たくさん寄ってきていますが
調べてみると害はないそうなので、ほったらかしにしています。
虫の名前は忘れました…。
(^^;)ゞ イヤー

さて、2つ目に植えたアボカドですが、
や、やりました〜〜〜〜〜!
なんと芽が出ていました〜!

\(@^o^)/ <キャッホー!!

固い土を突き破り、立派に芽を吹き出しました。
良かった、良かった!
思いっきり、土が2つに割れていたので、
土が固すぎたのね〜と反省しました。
(^∧^) スマンノウ

やはり、諦めずに、水を上げておいて良かったです。

(「アボガドと小虫」ブーログ参照)

blog75.jpg
posted by こでぶのブーコ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

世界一過酷なサハラマラソン!

昨日、スペシャル番組で放送されていました。
今年のレース開催は、4月9日〜15日の7日間で、
北アフリカのモロッコの約230kmを走破するマラソンでした。

食料・衣料・寝袋等を自分自身で背負い、
現地で渡されるロード・マップを頼りに、
チェック・ポイントを通過し、ゴールします。

す、すごいレースです〜〜〜〜〜!
(⌒▽⌒;) オッドロキー

何がすごいって、日中40度もある中を走る(歩く?)
だけでも、大変なのに、10kgくらいの荷物を
背負わないといけないなんて、
ひぇ〜〜〜〜〜!
\\(゜ロ\\)Ξ(//ロ゜)//

おまけに、それが7日間も続き、時間制限もあるという…。
ふぅ〜。めまいがしてきました…。
Llllll(- _ -;)llllll

このレースが毎年リピーターを生み出すというから、
驚きです。
(^^ ; ^^) エッエッエッ!?

他にも、びっくりしたのは、大会本部が指定する持ち物の中に、
解毒剤・毒抽出用のスネークポンプ、警告用の笛、シグナル用の鏡…
という品々があったことです。
とても、普通のマラソン大会とは違うなあと痛感しました。

おまけに、38万円くらいは必要で、これには、
日本〜パリ間の往復運賃は含まない額だそうです。
お金もかかりますね〜。

まだ、フルマラソンしか完走したことないので、
230kmなんて、夢のまた夢です。
(-_-).。oO

blog74.jpg
posted by こでぶのブーコ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

トゥー・ピッグス

実写版で、2匹のコブタの冒険物語です。
食肉処理場から脱走し、母ブタに会いに行くお話です。

食肉処理場へ連れて行くのに、1匹だけ、
バンダナを巻いているコブタがいます。
なんでやね〜ん!と突っ込みたくなりますが、
2匹で豚走?するので、違いを出すためでしょうが、
違和感ありあり〜でした。
“r(^^;) ポリポリ

コブタの活躍よりも、人間の方を描こうとしていますが、
どうも中途半端かな〜という感じです。
コブタもハッキリ言って、
大きすぎるし、色もチャーシュー色?だし、
あんまり可愛くないです…。
期待していたのに、ちょっとショック〜!
(;_・)

最初のコブタから、役者ならぬ役豚が変わったのが、わかりました。
動物役は何匹も用意しているのが、当たり前と言えば当たり前ですが、
なぜ、わかったかというと、人間と同じで、
顔が1匹1匹違うからです〜!
このビミョ〜な違いがわかるでしょうか!?

…な〜んて、うそです。
(゜ ゜)(。 。 ) ゴメン
違いがちゃんとありました〜。
じっくり見ていると、別のコブタだとわかりますよ。

短い話なので、お子様向きの映画かなと思います〜。

blog73.jpg
posted by こでぶのブーコ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

山芋のソテーはいかが?

山芋が、余ったときに作ったら、以外と美味しくて、
これを作るために、わざわざ買ってしまうこともあります。
もう一品、何かほしいときにどうぞ〜。

きのこは、シメジでも、マイタケでも、エノキダケでも、
お好きな物で。
でも、シイタケはイマイチだという評判も…。
/(゜ё゜)\ ウーン

材料(2人分)
 山芋…100g〜150g
 しめじ…1パック
 バター…大さじ1杯
 ダシしょう油(なければしょう油)…小さじ1杯〜2杯

  1. 山芋は、皮をむいて5mmくらいの薄さの輪切りに切る。
     大きければ、半月に切る。
  2. しめじは、石づきを取ってバラしておく。 
  3. フライパンにバターを入れて溶かし、
     山芋を並べて焼く。
  4. 焦げ目がついたら、ひっくり返して両面を焼く。
  5. しめじを入れて一緒に炒める。
  6. しょう油を全体にまわしかけて、
     焦げ目がつけばできあがり〜。

山芋が、ホクホクして美味しいで〜す。
余ったときに、お試し下さ〜い。
(O^(O^(O^(O^(O^(O^アーーーーーーン

blog72.jpg
posted by こでぶのブーコ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

アンジュ「東京プラチノ」

チーズケーキのスイーツです。

銀紙(アルミホイルじゃありません、念のため)に
包まれたテッペンから飛び出しているのは、
ガーゼのひらひら…。
まるで、舞踏会に出てくる帽子だわ〜、
でも、色的には、パーティでの帽子だわ〜等と
つまらぬことを考えてしまいました。
(。-_-。)ポッ(。-_-。)ポッ(。-_-。)ポッ(。-_-。)ポッ


何故、ガーゼで包んでいるかというと、
フランス伝統の製法で、適度な柔らかさを保つためらしいです。

外側のチーズムースは、酸味が少なくて、私好みの甘さです。
中には、カシスジャムが入っていました。
丸い果実も入っていて、一見ブルーベリーかなと思いきや、
味わうとカシスジャムでした。

カシスジャムをもう少し入れてほしいかなという
控えめな量でしたが、
チーズムースとカシスジャムの組み合わせは、
味のバランスとして、とても美味しいと思いました〜。
1個400円です。

しかし、なんで、ガーゼ使うの?と疑問に思う私。
どうも、ガーゼって医療のイメージが強いので、
食べ物に使うのって、ちょっと…と思ってしまいます。
それに、見た目も美しくないし、何か代用品ないのかな…。
(^^ゞ?

と言いながら、お正月の黒豆煮る時に、
落としぶたとして使用しています…。

なんじゃそりゃ〜!
ナンジャソリャ〜!


本に載っていたからなんですけど…。
(。.ヾ スンマセン

blog71.jpg
posted by こでぶのブーコ at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

デセールキャラメル

銀座シリアルマミー」というお店のスイーツです。
ロングヒット商品らしいです。

生地はフレンチトースト風というか、パンぽくって、
フランスパンの柔らかめといった感じです。
ケーキだと思って食べると食感が違ってビックリします。
(  ・_・  ;  )オーッ?
その生地にはさまれたキャラメルクリームが
ちょっと苦めで美味しかったです。

そのまま、食べても美味しいですが、
オープントースター等で5分くらい焼くと
キャラメルが少し焦げて、さらに美味しいと思います〜。

もちろん、焼く前に、上にトッピングされている
ホイップクリームは、一時避難させて下さい〜。
っていうか、あとのせサクサク?
一緒に焼くと溶けますから〜。
どろん!!|_・)  |・)  | ) ※パッ

詳しい情報は、こちらで。
デセールキャラメル


blog70.jpg
posted by こでぶのブーコ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力

英文法の解説書の本です。
著者は、NHKテレビ「3か月トピック英会話ハートで感じる英文法
の講師を務めていた大西泰斗(ひろと)氏です。
β(□-□ ) フムフム

この番組を見ていた人なら、この本に書いてあることが
「あ〜、なるほど〜。」と思い出されることでしょう。
もちろん、これは番組用の本ではありませんので、
この本だけでわかる英文法の話になっています。
φ(°―°)ホォホォφ(。_。)メモメモφ(°-°)フムフムφ(。_。)カキカキ

解説書といいながらも、まるで、テレビから話かけてくるかのような
感覚になる会話文で文章がつづられています。
おかげで、テレビの解説シーンが思い浮かんでしまいます〜。
(f^^) ボリボリ

同じ番組に出演していた男性のポール・クリス・マクベイが
共同執筆者となっているのには、びっくりしました〜!
コントシーン、失礼!
シチュエーション・コメディ・シーン…だから、違うってば!
要するに、英会話のシチュエーション・シーンの担当なだけで、
単なる出演者の一人に過ぎないと思っていたからです。

テキスト買わずに見てたのバレバレです〜!
(  ・_) シラー・・・

こういう本って、読んでいる時は「フムフム、なるほどな〜」
なんて思うのですが、いざ、実際に英会話に生かせるのか!
っていうと、それは別問題なのですわね〜。
…..(;__)/| ずぅぅぅぅん

それに、すぐ忘れるし…。
(゜_、゜;)どよどよどよ〜ん

やっぱり、英会話は実践しなくちゃね〜。
なんて、悲しい言い訳です…。
でも、ためになる本です〜。

blog69.jpg

posted by こでぶのブーコ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

ふろしきまんじゅう

鳥取県の名物です。
「黒砂糖と和三盆糖を使った昔ながらの味」です。
( ̄¬ ̄*) 好物〜♪

「無添加で身体にやさしい生菓子」で、
食品添加物は一切使用していないそうです。
そのため、消費期限は三日間です。
アレルギーの人も安心!?

名前の由来は「まんじゅうの出来上がりの形が、
ちょうど風呂敷の四隅を織ったような形になるところから」
だそうです。
確かに、丸い形ではなく、四角っぽいです。

屋号が「山本おたふく堂」ということから、
「おたふくまんじゅう」とも呼ばれるそうです。
屋号のマークもおたふくの顔をモチーフにしていました。

シンプルで、サイズも小さめですが、
本当に、これぞ昔ながらのおまんじゅうで、美味しいですよ〜。
中身は、こしあんで、8個500円です。


色的には、桜餅?ですが、今回は
ふろしきまんじゅうに挑戦しました〜。
(本来の色は、黒糖色です…。)
blog68.jpg
posted by こでぶのブーコ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

パソコン不調の原因は?

知人が、事務所を開いていて、
マック(Mac)のパソコンの調子が悪いというので、
旦那のテカリンが見に行きました。
---7(^-^7)--- ドレドレ

結局、原因がわからず、直らなかったので、
専門家を呼んで見てもらうことになりました。
ヽ(  ̄д ̄;)ノ オテアゲー

すると、なんとウィルスにやられているということでした。
マックは、ウインドウズ(Windows)機種に比べて
ウィルスに強いパソコンという認識だったので、
みんなビックリ仰天でした。
( ¨)¨)¨)¨)¨)¨)¨) エー!!

何かのCDから、直接侵入したようでした。

そして、修理には、2万円以上かかったらしいです。
「ウィルスだとわかっていれば、すぐ直せたのに。」と
テカリンは悔しがっていました。

マックとウィルスは、無縁だと思っていただけに、
こんなケースもあるのだなと勉強になったようです。

マックを使用している人で、動きがおかしいと感じたら、
ウィルスを疑う必要もあるようです。

blog67.jpg

posted by こでぶのブーコ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

「バカの壁」とは?

養老孟司氏の大ベストセラーです。
タイトル的に、読みやすい本かなと思いきや、
結構、読みづらい本でした。
?(;_;?) ワケワカメ・・・

作者が独白した内容を編集部の人が文章化したのですが、
編集しても、これだけ頭に入りづらいのは、
作者の言葉自体をそのまま生かそうとしたからかな
と思いました。
(~ヘ~;)ウーン

一つ、興味深い内容としては、感情に対して、
プラスかマイナスは良いが、ゼロか無限大は問題だ、
という話です。

ゼロは無関心で、興味が無い、眼中に無いということで
どうしょうもない、
また、無限大は、その人にとって絶対的なものになり、
それも始末が悪いということです。

マイナスであっても、現実として認識しているから良いわけで、
嫌よ嫌よも好きのうちとなるが、
ゼロであれば、現実として捉えていないということで、
どうしょうもない、
だが、プラスかマイナスであれば、
脳が動き、行動につながるという話です。

でも、昔、友人が一度嫌いになった人を好きになるはずがない
と言い切っていました。
当時、私もなるほど〜と納得しましたが、
これは断言できないのだなと思いました。

世の中には色々な解答があり、それらを認めることが必要で、
一元論は強固な壁の中に囲まれることになり
それはすなわち「バカの壁」であるということです。

そしてまた、自分の脳に入ることしか理解できない「バカの壁」がある
ということを知ることが大事だということです。


この本の主旨はわかるけれど、細かい話はわかりにくいということで、
結局、この本に、私の脳が「バカの壁」を感じてしまいました〜!
はあ〜、疲れた〜。
(+o+)

blog66.jpg


posted by こでぶのブーコ at 03:38| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

梅の実、全員収穫〜♪

一番大きい実が落果してしまったので、
足並みをそろえるために、
仕方なく他の実も収穫することにしました。
まだ、小さ過ぎるのもあるのに〜〜〜!
__(_ _;) ウゥ

梅の実は、大きい物で4cm、小さい物で2.5cmくらいです。
やっぱり、もっと大きくなるまで待ちたかった…。
(;´_ヘ;)ホロリ
たった5つですが、せっかくなので、
梅酒にすることにしました。
(⌒┐⌒) ゴクゴク

本来なら、ホワイトリカーを使いますが、
量が量なので、ワンカップの日本酒を買いました。
少量の氷砂糖も買って、早速作ってみました。

まず、あくを取るために、一晩、水に漬けておきました。
それから、それぞれの割合を計算して、
密閉容器に入れてみました。
でも、あまりにも少ないので、お酒を増やしたりして、
結局、適当な分量になってしまいました。
こ、これで本当に大丈夫か〜〜〜!

これで、1ヶ月以上置くと、飲めるようになるらしいです。
こんな適当で、美味しい梅酒が果たしてできるのでしょうか?
こう御期待で〜す!
(((o(^。^”)o)))ワクワク

blog65.jpg

posted by こでぶのブーコ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。