2006年11月29日

ブーコを見つけました!?

テカリンが見つけてきました。
「ブー太&ブーコ」ハッピーペアセットです…。








や、やられた〜〜!!むかっ(怒り)
(何を!?)

“スイートなブーコちゃんは女性の方に大人気♪“
といううたい文句が付いていました。

さて、これは一体何でしょう〜???
ズバリ…






チョコレートです〜〜!!ぴかぴか(新しい)
〜> ̄*)パクッ

土台には、オレンジ&くるみ入りブラウニーで、
その上には、シャンパンムースとフランボワーズジャムが入り、
全体をホワイトチョコレートでコーティングしています。

ペアセットのブー太さんは、ビターなコーヒー風味で、
土台は、もちもち感のあるパート・ド・ガナッシュで、
その上には、ムースショコラとフリーズドライストロベリーが
入っています。そして、全体をダークチョコレートで
コーティングしています。

ブタは幸せのシンボルで「福豚チョコ」と銘々されています。





可愛い〜〜〜!!揺れるハート
。(ёё。)(。ёё)。フフフン

でも、こんなの絶対食べれない〜!
食べるのもったいない〜!

しかし、賞味期限が近づくと結局食べることになるので、
いつまでも置いておかないでサッサと食べましょう〜。
(−||−)合掌

blog207.jpg



ラベル:スイーツ
posted by こでぶのブーコ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

キングダム・オブ・ヘブン

リドリー・スコット監督、オーランドー・ブルーム主演の
歴史大作映画です。カチンコ


12世紀、鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)のもとに
十字軍の騎士、ゴッドフリー(リーアム・ニーソン)が現れ、
実の父であることを告げられます。
理想郷を求める父と共に、エルサレムへと旅立ちますが、
父は、旅の途中で命を落とします。
父から、エルサレムを守る使命を託されたバリアンは、
民衆を率いてイスラム軍と戦います…。


同監督の「グラディエーター」を超える超大作で、
製作費130億円をかけたらしいです。

史実に基づいているようですが、やはり見せる(魅せる)
映画になっていて、釘付けになりました。
さすが、リドリー監督!結構、面白かったです。

余談ですが、十字軍といえば、香辛料を求めて
遠征したという話もありました。
コショウか何だか知りませんが、
そんなに香辛料が大事なの!?という印象がありましたが、
この映画では、全くそんな話は出てきません。
(当たり前!)

史実では、バリアンは領主でしたが、人間的成長過程を
重視して、鍛冶屋に変更したらしいですが、
これは、オーランド・ブルームだからでしょうか!?
だって、彼は「パイレーツ・オブ・カリビアン」でも…



鍛冶屋でした〜〜!!
(^-^;A

エルサレム王の役をエドワード・ノートンが演じているのですが、
難病に冒され、銀のマスクを被っているために
彼だとは、全く気づきません〜〜〜!
もったいない気がしました…。
└(T_T;)┘

しかし、こんなマスク被っているのって、超不気味です〜。
どうも、「犬神家の一族」のおどろおどろした感じを
イメージしてしまいます。
..・ヾ(。><)シ ぎょぇぇぇ
そして、マスクを外すシーンもあります…。

「グラディエーター」の方が、ストーリー的に
圧倒的に面白いとは思いますが、
こちらの戦闘シーンも迫力があって、
見応えがありますので、機会あれば御覧くださ〜い。

blog206.jpg





ラベル:DVD 映画
posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

フルマラソン大丈夫か〜!?

ホノルルマラソンに参加するので、
先週に引き続いて、今週もハーフマラソンを
走って来ました。



無謀でした〜〜!!
o(ToT)oワオ〜ン!
大腿二頭筋(太ももの後ろ側)が痛い〜!

完全に炎症起こしている感じです。
(хх。) イタイ

12km地点の上りで、先週走って痛かったところが
痛み出して「ダメダこりゃ!」と思いながら
(_´Д`) アイーン
残りの距離を走っていました。
そこそこの記録も狙っていたのに、
完走するのがやっとでした〜。

来週も、10km走ることになっています…。




大丈夫か〜〜!!

( ̄~ ̄;) ウーン
こんな状態だと記録は、とうてい無理です。
完走するのがやっとかも…。
(_πдπ) シクシク アイーン

今週は、もう練習を控えようと思います…。

blog205.jpg
ラベル:マラソン
posted by こでぶのブーコ at 23:37| Comment(2) | TrackBack(1) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

THE 有頂天ホテル

三谷幸喜監督&脚本による大ヒットした映画です。


舞台は、12月31日の夜、一流ホテル。
カウントダウン・パーティの準備に追われる従業員たちですが、
ハプニング続出で、従業員と宿泊客とのドタバタが次々と
起こります…。


映画なので、ワンシーンずつしか映っていませんが、
実は、時間通りに全ての人が動いているという設定で、
映っていない人たちも、この時間はこんなことをしていると、
進行表?には、行動が全て記されているらしいです。
う〜ん、さすが三谷幸喜さん!
細かいことまで、リアリティありますね〜。

そして、ベルボ−イの憲二(香取慎吾)が歌う「天国生まれ」は
作詞作曲が…









甲本ヒロトさんです〜〜〜!!
(^◇^ ;) ほぇ〜

いや〜、こんな主題歌でも、挿入歌でもない?のに
有名人が曲作ってくれるなんて、やはり三谷幸喜マジック!?

ツボだったのは、西田敏行さんが
大物演歌歌手の役なのですが、
それがどうしても…










竜平ちゃんにしか見えない〜〜〜!!

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
(もちろん?ダチョウ倶楽部のです)

出演者が豪華なので、それぞれ見せ場があるように
うまく作られています。
これも、ホテルという個人客でありながら、
その集合体の舞台設定ゆえですね。

季節も一回りして、グッドタイミングになりましたので、
ぜひ御覧あれ〜。

blog204.jpg






ラベル:DVD 映画
posted by こでぶのブーコ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

USJのワンダー・クリスマス

クリスマスまで、もう1ヶ月となってしまいました。
クリスマス・ケーキの予約も済ませ、
後は、当日が来るのを待つばかりです〜。バースデー

今日は、ユニバーサルのワンダー・クリスマスについて
その内容を少し詳しく解説します〜。

毎日、日没後にある「ホワイト・クリスマス・キャロル」。
ニューヨーク・シティ・オペラで活躍中のソリストや
聖歌隊による美しい歌声と、USJならではの華麗で幻想的な
ムードが味わえるエンターテイメントです。

ステージ上で演奏されるバイオリンの美しい音色と共に現れた
二人の子供が拾った白い羽を「天使の羽かもしれない」と
その羽を振ってみると、二人の天使が現れます。

ソリストや聖歌隊が、弦楽器の生演奏をバックに
「アベマリア」を歌い出すと、
天使たちは空へ向かって行きます。
天使たちが上空へとゆっくり上って行くとともに、
ツリーが下から徐々に点灯していき、荘厳な光を
放ち始めます。ひらめき

ショーの間、ツリーは赤、緑、黄、青、白など
音楽に合わせて美しく変化していきます。クリスマス

途中、客席横に設置されているステージに移動して、
ソリストの演奏も行われます。

クライマックスでは、定番のクリスマス・ソング
「諸人こぞりて」を出演者全員で合唱します。
すると、天使たちは再び空へと舞い上がります。
さらに、花火が打ちあがり、大きなツリーを
明るく照らし出します。

ラストソング「ウィ・ウィッシュ・ア・メリークリスマス」
になると、サンタクロースが登場し、ツリーにも
雪が降り積もります…。雪


いかがですか〜!この幻想的なショーを見ると、
クリスマス気分に浸れること間違いなしです〜!?ぴかぴか(新しい)

blog203.jpg
posted by こでぶのブーコ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | テーマパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

庶民派の神戸のトミーズ

トミーズ」といっても、漫才師ではありません。
神戸の三宮駅高架下にあるパン屋さんです。

「あん食」という食パンに小倉あんが練り込まれたパンが
有名です〜。

今回は、もちパンを買ってみました。
おもちと粒あんが入っていると書いてあったので、
大福餅みたいなのが入っていると
勝手にイメージしていましたが、
お餅は羽二重餅みたいな感じで、その上にあんこが
乗っていました。
羽二重餅は元々あまり好きではなかったのですが、
粒あんはとっても美味しいです。

やっぱり「あん食」のトミーズだけあって、
あんこ関係のパンがおすすめです。ぴかぴか(新しい)

昨日、紹介した「ル・ディマンシュ」とは、
対照的exclamation&questionなパン屋さんで、
お年寄りから子供まで幅広い年齢層の人が
買いやすい庶民的なお店です〜。

blog202.jpg

ラベル:パン
posted by こでぶのブーコ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

と〜っても、おフランス的なパン屋さん!

ブーランジェリー ル・ディマンシュ」という
神戸トアロードにあるパン屋さんです。
こちらは、とてもオシャレな雰囲気のお店です。
看板もとっても可愛いプレッツエルがぶら下がっていて、
つい見逃しそうになる小さなお店を
その看板が主張しています。
私も、その看板がなければ、行き過ぎてしまうところでした。
(@@;))))〜〜(((((;@@) うろうろ

並んでいるパンは、「ヴィエノワ」だとか
「ルヴァン」だとか「ダノワーズ」だとか
「タルティーヌ」だとか私には、耳慣れない名前ばかりです…。
(T.T)

私の前で買って行ったハイソなセレブ奥様は、
3千円以上お買い上げになっていました〜。

「タルティーヌ」は、お惣菜パンで、一つ一つ上に乗っている
具が違うので、どれにしょうか迷ってしまいました。
グレービーソース?がとっても美味しかったです。
色々な具が乗っているので、味にバリエーションがありました。

「つるこけもものヴィエノワ」のつるこけももとは、
クランベリーのことらしいのですが、酸味はそんなになく、
かといって甘すぎずで、パン自体はしっかりした重量感があり
弾力があって、もちっとしていました。
ちょっと塩味がある感じとマッチしていました。

「カレーパン」は外側カリカリパリパリ感一杯の丸型でした。
中のカレ−は、ミンチ肉のキーマーカレーでした。
もうお上品の極みで、カレーの空洞率高かったです〜。
しかし、辛口のしっかりしたカレーのお味でしたので、
これでもかというほど、目一杯入っているカレーパンとは
違った趣で、少量でも外側のカリカリパンと
バランスよく仕上がっていました。


おフランスっぽさ一杯の洒落たお店でした〜。

blog201.jpg
ラベル:パン屋 パン
posted by こでぶのブーコ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

たまには楽しい博物館〜♪

ランプ…と聞いて何を思い出すでしょう?
私は、アウトドアとか登山とか「アラジン」のジーニー
とかが思い浮かびます〜。ひらめき

そして「神戸らんぷミュージアム」と聞いて、どんな博物館を
イメージされるでしょう?

私は、綺麗なランプがたくさん陳列してある博物館を
思い描いていました。
しかし、実際には、照明の歴史の変化から展示されていました。

まずは、原始時代のキリモミ式で
火を起こすところから始まるのです。

な、なるほど〜
人類の灯りの出発点はここからか〜!
と妙に感心しました。

そして、松明(たいまつ)、かがり火、灯油、ろうそく、ガス灯、
ランプへと変化していく過程が展示されていました。
もちろん、美しいランプの数々も展示されていて、
その美しさは目を見張るほどです〜。
((((ノ^◇^)ノ ウヒョヒョヒョ

ここの博物館の素晴らしいところは、
とても見やすいことです。
たくさんある展示物とは別に手前に写真入で、
各々解説が記されているのです。
思わず、
トレビア〜ン!!
と感動しました。
O(*σ。σ)o キャーキャー

所々に、ボタンを押すとわかりやすい解説ビデオが
流れる仕組みも挿入されていて、
つい押してしまう私でした〜。
(*^.^*) エッヘッヘッ

ていねいに見ていくと、かなり時間が掛かるほど
見応えのある博物館でした。
(^。^;) フウ

無料のコインロッカーもあって、
身軽になってじっくり見学できますし、
三宮駅からも近いところにありますので、
機会があれば、ぜひ御覧あれ〜!ぴかぴか(新しい)

blog200.jpg
ラベル:博物館
posted by こでぶのブーコ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

弱肉強食の市民マラソン…!?

神戸全日本女子ハーフマラソンに参加しました。

スタートとゴールが離れていて、車で搬送するため、
荷物を早めに預けなければなりませんでした。
持っていたペットボトルも一緒に預けたし、
スタート地点に給水もなかったので、
この時点で、すでにのどが渇き気味でした。

5km毎に給水があるとの事でした。
そして、スタートし、のどがカラカラでやっと
5kmの給水地点に到着しましたが、
スタッフが紙コップに入れる給水が全然間に合わず、結局
ちょっとしか入っていない紙コップの水を飲みました。どんっ(衝撃)

仕方が無い、次の10kmまでの辛抱だと言い聞かせて、
走り出しました。
そして、次の10km、給水はどこだ〜?と探して
テ−ブルに近づいて行くと、スタッフが…













給水ないねん。ごめんね。

|||||||||||||凹[◎凸◎;]凹|||||||||||||ガビーン!

う、うそ〜!遅い人には当たらないってか〜!?
(〇o〇;) !!

大ショック〜!!
無いものはしょうがない、そのまま
またも走り出しました。
(ρ_;)ヒックヒック

そして、次の15km!
ここは、折り返しなので、反対側車線に給水が見えました。
紙コップを見ていると、どうも怪しい…
どう考えても、紙コップが少なすぎる。
私が折り返して、あの給水所に到着した時点で、
ひょっとして、ひょっとしたら…!?

不安を感じながら、給水所に近づいて行くと、
スゴイことが行われていました〜!!
な、なんと、2L入り水のペットボトルの…














まわし飲み〜〜〜!!!
「(≧ロ≦) アイヤー

背に腹は変えられず、続けて飲んじゃいました〜!あせあせ(飛び散る汗)

これで、給水はおしまいです〜。
20km地点にはありませんでしたので…。

要するに、遅い人は、当たるものも当たらないという
競争原理、弱肉強食の世界でした。
市民マラソンの世界も厳しい〜〜!!の巻でしたたらーっ(汗)

blog199.jpg
posted by こでぶのブーコ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(1) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

クレームダンジュ

パティスリー・モンタンベール(北海道北広島市)店の
「クレームダンジュ」という、
ガーゼに包まれたチーズケーキです。

「大阪 チーズケーキフォレスト」
(お取り寄せチーズケーキ)で売っていました。
物産店で、1日千個を売り上げたというシロモノです。るんるん

このクレームダンジュの一般的な材料は、
フロマージュブラン、高脂肪生クリーム、卵白、グラニュー糖
等で作りますが、これはフロマージュブランではなく、
クリームチーズを使っているそうです。

それゆえか、このクレームダンジュは…


美味しい〜!!
(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーーー!!!

甘さといい、濃厚さといい、お味といい最高です〜。
中には、フランボワーズソースが入っていて、
別添えで同じラズベリーソースが付いていました。

味が単調になるから、アクセントをつけるために、
こういったソースが入っていたり、かけたりするのだと
思いますが、このケーキには不要なほど美味しかったです。
でも、やっぱり味に変化があったほうがいいのかな?
とにかく、絶品の美味しさでした〜。ぴかぴか(新しい)

blog198.jpg




posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

LOST<シーズン1>18「数字」

今回は、やっと、やっとハーリー(ホルゲ・ガルシア)
の巻です。
(=●^0^●=)v


癒し系(いやしい系?)のハーリーは、
サイードが、島の奥地で遭遇した女性ルソーから
奪ってきた地図の中に、ある数字を見つけます。
その数字を見たハーリーは、一人出掛ける準備をして、
ルソーに会いに行きます。
ハーリーの回想シーン。
ハーリーは、くじで巨額の大金を手に入れます。
しかし、それ以来、自分以外の周りの人は、
不幸に見舞われます。
その数字に秘密があると思ったハーリーは、その数字を
教えた人物に会いに行きますが、精神を病んでいました。

ハーリーは、ついにルソーに出会い、その数字について
尋ねました…。


いや〜、ハーリーが大金持ちだったなんて
ビックリです〜。
チャーリーがそれを聞いても、本気にせずに
怒り出したのもわかる気がしました。
( −ヘ−#)ナンデイナンデイ!

それとず〜っと気になっていたことがやっと解決しました。
それは…



CDプレーヤーの電池がやっと切れました〜!

ハーリーが、ずっと聞いているのに、いつまでもつのか
気になって、気になってしょうがありませんでした。
(-_-)ゞ゛ウーム
今回、切れるシーンがあったので、安心?しました〜。


さて、この数字は島にもあったので、まだ謎が続きそうですが、
とりあえず、ハーリーの長年の苦悩は解消されたようです。
大金持ちなのに、それらしく見えないところが、
ハーリーの良さなので、これからも皆の癒し系で
いてほしい存在です〜。

blog197.jpg
ラベル:DVD LOST
posted by こでぶのブーコ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

移動販売のスイーツ!

前々から知ってはいましたが、初めて遭遇しました〜!
自転車式のスイーツカートです。

AZUKI SWEETS(アズキスィーツ)
というお店?です。
曜日によって、移動場所が変わるようです。
売り切れたのか、空っぽのカゴもありましたが、
和菓子オンリーのようです。

「白餡が主で、黒餡は、ココナッツだいふくだけです。」と
説明して頂きました。
焼きもろこし・枝豆だいふく・檸檬だいふく…
何にしようか迷った末に、珍しいものにしました。



薔薇だいふくと薔薇まんじゅう〜!

でも、私の後に来たお客さんが「おすすめは何ですか?」
と聞くと「檸檬だいふくと檸檬紅茶まんじゅうです。」
と答えていました。


しまった〜!
(T.T)

と思いましたが後の祭でした…。

とっても可愛い個包装です。
○ >^*)パクッ
食べてみると、すごいバラの香りが…!!
まるで、バラの花を食べているみたいな芳香でした。
次回、遭遇したら檸檬だいふくにチャレンジしてみます〜。

blog196.jpg




ラベル:スイーツ 和菓子
posted by こでぶのブーコ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

ユニバーサル・ワンダー・クリスマス

USJに行ってきました〜。
もうUSJは、クリスマス気分一色ですが…


スゴ〜イ人でした!
(;´・`)> ふぅ

例の如く、ピーターパンの特別鑑賞エリア
「ネバーランド・チェックイン・パス」は売り切れでした。
良い席で見たい人は、当日チケット・ブースで購入するより
WEBで事前購入された方が、確実と思われます。
無料エリアは、2時間半前からすでに陣取っている組が
いました〜。


さて、クリスマスモードですが、
入口から、そのまま真っ直ぐ行くと(E.T.方面)
ニューヨークエリアの突き当たりに、ありました、
ありました…


巨大クリスマス・ツリーが〜!
ヽ(゜ロ゜;)ノ \(°o°;)/ ウヒャー

さすが、日本一の高さです〜!

点灯式前のツリーでは「デトロイト5&フレンズ・
クリスマス・ゴスペルショー」が、青空の下で
行われていました。

でも、やっぱりツリーは点灯されてからが、
本領発揮というものです。
夜からの「ホワイト・クリスマス・キャロル」ショー
が最高です〜。ぴかぴか(新しい)

どうして、あんなに色とりどりのツリーに変化するの〜
というくらいに次々と色が変わっていきます。
大きさといい、ライトの色といい、これ以上ないと
思えるほどの美しさを見せてくれます〜。クリスマス

ステージの上では、天使が現れたり、
歌や演奏が行われますが、
遠いとあまり良く見えません。
ステージが見たい人は、
早くから場所取りをしないと見えません。
このショーはとても人気が高いし、
座るところが細長い場所なので、
あっという間に、場所が埋まっていきます。あせあせ(飛び散る汗)

2時間前に、同じ場所で「ゴスペルショー」があるので
そのまま座り込んで場所取りしている組も
あったようです。

ステージが見えなくてもかまわない人は、
始まるギリギリでも、後ろの方から、立ったまま見るという
手もあります。
ツリーが大きいので、後ろからでも、色の変化は良く見える
と思います…。
この寒い時期に長時間待つのは、かなり辛いですからね〜。雪

まだ、11月なのに、クリスマスといわれると、
ちょっと焦ってしまいますが、そろそろ年の瀬に向かって
少しずつ準備すべきなのでしょうか〜!?

blog195.jpg
posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | テーマパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

ドライフルーツのお味は…

ハワイ在住のサーファー?の女性が
マンゴーのドライフルーツが美味しいと
紹介していました。
それは、ハワイではお馴染みの「ABCストア」で
売っていて「7D」(セブンディー)というブランドでした。

「ABCストア」は、日本でいうコンビニみたいなお店で
ちょっと歩けば、探す必要もない程あちこちにあります。
そんなメジャーなお店に置いているのだったら、
ぜひ食べてみようと思っていました。

ところが、それを日本のドラッグストアで発見しました〜。



あ〜!これだ〜!ひらめき
\( 〇 ⌒   ▽   ⌒ 〇 )/わぁい♪
と喜び勇んで買い求めました。

今まで、ドライフルーツを食べて美味しいと
思ったことは一度もありませんでした。
だから、あまり期待せずに食べてみました。
1口食べ、2口食べてみると、


………!どんっ(衝撃)
美味しい〜!!
“(  `   ▽   ´  )” うひょ♪

ソフトドライなので、噛み締めれば噛み締めるほどに
美味しさが増します〜。

完熟マンゴーを使用しているらしいですが、
砂糖も加えられています。
ノンコレステロールとは書いてありますが、
カロリーはあるので、食べ過ぎると…



太ります〜!
(T.T)

でも、ビタミンA・ビタミンE・β―カロテン・
葉酸・食物繊維を含むので、程ほどに食べると、
美容と健康に良いようです。

調べてみたら、通販でも売っていました〜。
もう、病みつきになりそうです〜。

blog194.jpg




posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

ティム・バートンの世界

映画「ティム・バートンのコープスブライド」を見ました。
ストップモーション・アニメです。

CG全盛のこの時代に、CGではないアニメとは、
1コマ、1コマ、パペットを動かしていく
「ウォレスとグルミット」も仲間かと思われますが、
やはり、CGも使われているらしいです。
この「コープス」にも、背景にCGが
一部使用されていたように思います。
それでも、パペットを少しずつ動かしていく作業は、
想像を絶するものです…。


政略結婚を翌日に控え、初めて会うビクターとビクトリアは、
お互いに好印象を持ちます。
森で結婚の誓いの予行練習したビクターの前に、
“死んだ花嫁”が現れ、彼を死者の世界へ連れ去って
しまいます。
何とか逃れようと、ビクターは悪戦苦闘しますが…。


CGとストップモーション・アニメは、どう違うかというと、
なめらかな動きでしょうか?
ストップ〜の方は、CGに比べると、多少カクカクした動きに
なりますが、それがまたパペットの味わいだと思います。

ミュージカル的な演出もあって、
ガイコツたちのミュージカルシーンの歌は
聞き覚えがありました〜。
それをどこで聞いたかというと…




USJのハロウィンパーティでした〜!
(~▽~@)♪♪♪

パレードで使用されていた曲が、この映画からだと
初めて知りました。
ガイコツの歌と踊りがコミカルで楽しめましたが、
頭の中では、パレードのカボチャが踊っています〜。
♪O(^^O)(O^^O)(O^^)O♪

そして、死者の世界をカラーにして、
生者の世界をモノクロにしているのが、
ティム・バートン流なのでしょうか。
おかげで、ガイコツの子供たちや犬が…



とっても可愛いです〜〜!!
逆に、生者がまるで、死者みたいに見えます。

この映画で、ティム・バートンの世界が堪能できますよ〜。

blog193.jpg


ラベル:映画 DVD
posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

何の魔法…?

百貨店で、期間限定ロールケーキを売っていました。
「20分で売り切れた」とかいう、うたい文句が
書かれていました。

夕方にもかかわらず、売り切れていないし、
行列もできていないので、どうかな〜と
思いながらも、名前が「魔法のロール」とあり、
その宣伝文句にも乗せられました。

キャラメル味が芳ばしいということで
とても楽しみでした〜。

そして、夕食後、デザートにロールケーキを
切り分けて食べてみると…





あれ〜〜〜???
(´`;) ?

思わず間違って買ってしまったのかと箱を見直しました。
「魔法のロール」とシールが貼ってありました。




どこがキャラメル味なの〜〜?
〃`_´〃

ち〜ともキャラメル味なんかしませんでした。
間違ってプレーンなケーキを入れたのではないとしたら、
元々キャラメル味がしないってことですか〜!?
それとも、やっぱり手違いですか〜!?

キャラメル味といいながら、その味がしないことが
魔法なのか!?と突っ込みたくなりました…。

楽しみにしていたのに〜。たらーっ(汗)
(;o;_;)o グスグス

blog192.jpg
posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

LOST<シーズン1>17「沈黙の陰」

今回は、ジン(ダニエル・ディ・キム)の巻です。


マイケルは、自力で脱出しようとイカダを作っていました。
ある日、ほとんど完成しつつあったイカダが、
燃やされていました。どんっ(衝撃)
怒り狂うマイケルは、事ある毎に衝突していたジンを疑い、
責めますが言葉が通じません。ちっ(怒った顔)
たまりかねた妻のサン(キム・ユウジン)が、
ついに英語で「夫は無実だ」と話してしまいます。
サンが英語を話せることを知らなかったジンは、
深く傷つきます…。失恋
ジンの回想シーン。
ジンは、結婚後、義父の仕事を手伝いますが、
それは、非道な仕事だったため、サンには話せずにいました。
サンに話すと父のことを嫌いになると考え、
自分が嫌われた方が良いという想いから、
沈黙を守り続けました。
しかし、それが結果的にサンの心が離れる原因と
なってしまいました…。もうやだ〜(悲しい顔)


ロックは、何でもお見通しで、イカダを燃やした犯人も
わかっていました。
その犯人とは…




息子のウォルトでした〜!
(∇°;;;;) ゲゲのゲ!

な、なぜ〜!?
父が一生懸命作っているイカダにわざわざ火を点けるなんて…。
彼はこの島にいたいからでしょうか?
ロックたちと別れたくないからでしょうか?
その深層心理については、語られませんでした。あせあせ(飛び散る汗)

でも、ジンとウォルトは、仲良くなれたので良かったです〜。
しかし、サンとジンは…!?
これからのサンとジンとの心の溝が心配です。たらーっ(汗)

blog191.jpg
ラベル:DVD LOST
posted by こでぶのブーコ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

国家の品格

藤原正彦著の本です。
話題の本だっただけに、興味深く面白く読めました。わーい(嬉しい顔)

最近の日本における色々な事件を考えると
この先、日本はどうなっていくのだろうと
憂える日々でしたので、とても心に染みました。霧

先進国共通の現象として、やはり、家庭崩壊・教育崩壊・犯罪を
挙げ、北朝鮮の核兵器についても書かれていています。
そして、世界の中の日本、その行く末を
「品格の高い国に対して、世界は敬意を払い、必ずや真似を
しようとします。それは、文明国が等しく苦悩している荒廃に
対する、ほとんど唯一の解決策と私には思えるのです。」と
はっきり示唆しています。右斜め上

金銭至上主義や、偏差値だけ高くて情緒のない人間、
小学生への英語や株式投資の勉強
などへ警鐘を鳴らしています。

反対に、武士道精神への賛美があります。
「卑怯を憎む心」です。法律で定められているから守る
というのではなく、そういう心が大事で、
こういうことには、論理も減った暮れもなく、
ダメなことは、ダメなのだということです。
なぜ、ダメなのかという疑問に答えるまでもないのです。

数学という学問に限れば、白か黒かと論理的に証明できると
思っていたのに、できないと証明されているらしいです〜!
これは、以外でした〜。exclamation&question
ですから、数学でさえ、論理では説明できないのだから、
一般の世界では、説明できなくても当たり前です〜。
だから、問答無用という考え方もありなのです。

興味深く思ったのは「あらゆる理系の学問において、
美的情緒こそ最も重要」ということでした。
数学やガンの研究で、美的情緒と一体どう関係するのか、
理解できない分野なので謎ですが…。たらーっ(汗)

日本の行く末がより良い方向にむかうことを
祈りたいですが、この本がいくらベストセラーになって、
たくさんの人に読まれても、なかなか変わらないものです。
先頭に立つ人たちがもっと考えを改めて行かないと
品格のある国家には近づけないと思います…。ふらふら

折りしも、今日、村上ファンド解散というニュースが
飛び込んで来ました。
著者によると、彼は、金銭至上主義の品格のない人間と
いうことになるのでしょうか〜!?あせあせ(飛び散る汗)

blog190.jpg




ラベル:
posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

本場中国の月餅の中に入っていたのは…!

日本では、新宿中村屋の月餅が有名です。

「中国の月餅」を「和菓子の月餅」として作ったそうですので、
似て非なるもののようです。

日本のものは、以前頂いたとき、
ドライフルーツがたくさん入っていて、小豆餡でした。

今回は、中国のお土産です。
分厚い箱入りだったので、2段になっているのかと思って、
箱を開けてみると、1段だけでした。
1個の高さが、なんと…



3cmもある〜〜〜〜!!
(・  _  ・ ;) ヘェー

直径は、約7cmです。
あまりの大きさに、一人では食べきれないと考え、
半分コしました。

そして、半分に割って、中から出てきたものは…




黄色いまん丸なものです〜〜〜!!
W( °o)w わぉ

これは、一体何なのか!?
中国菓子に入っていそうなものとしては、
見当がつきませんでした。

恐る恐る食べてみると…





卵の黄身でした〜〜〜!

おまけに、塩味がします〜。
なぜ、お菓子の中に!?
と疑問を抱きながらも食べました。

塩漬けして茹でたアヒルの卵らしいです。
餡は、ハスの実の餡と小豆餡を混ぜたもののようです。
中国語で書いてありました〜。

半分でも、お腹一杯になったので、
1個丸々食べるとお腹にズッシリきそうです。

でも、個人的には、日本のものより中国の月餅の方が
美味しかったです〜。

blog189.jpg





posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

LOST<シーズン1>16「最期の言葉」

今回は、ソーヤー(ジョシュ・ホロウェイ)の巻です。


ソーヤーは、イノシシに襲われてばかりだったため、
イノシシと対決しようとします。
しかし、ロックから動物は人間の生まれ変わりだった
かもしれないという話を聞かされます。モバQ
ソーヤーの回想シーン。
ソーヤーは、自分の家庭を壊した相手の居場所を
教えられ、その人物を銃で撃ってしまいます。
しかし、実は間違いだったことがわかりますが、
相手はソーヤーに最期の言葉をかけて息絶えてしまいました…。


回想シーンにあったのですが、ソーヤーがシドニーの酒場で
飲んでいると、隣にはな、なんと…





ジャックの父が〜!!
ハッ!|o゜)衝撃の新事実

こんな所にも深〜い縁があったのですね〜。
お互い自己紹介をすることもなく、
簡単な身の上話をしただけでした。
でも、島でソーヤーがジャックと会話したときに、
口癖から、ソーヤーはジャックの亡き父だと
わかったのでしたが、ソーヤーはそれを教えませんでした。



意地悪です〜〜!!
(〜〜#)ウラァ〜

なぜ教えてあげなかったのか?
ソーヤーが良い人になりたくないのか、なれないのか?
ソーヤーの屈折した心理のせいなのでしょうか。
いつか、ソーヤーが素直になってジャック父子の誤解を
取り除いてあげられる日が来ることを祈ります〜。
゜(-m-)パンパン

blog188.jpg
ラベル:DVD LOST
posted by こでぶのブーコ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。