2006年10月21日

シンデレラマン

ラッセル・クロウ主演の実話に基づいた映画です。

ボクシング映画だし「ロッキー」の映画と似たような話だし、
実話だし、1930年代の話だし、地味そうだし…。
と、私にとってほとんど興味が持てない要素ばかりの映画で、
今まで敬遠していました。
しかし、しかし…。


プロボクサーのジム(ラッセル・クロウ)は、
右手を負傷してから連敗し、ライセンスをはく奪され、
大恐慌の時代に入り、生活はますます貧窮していきます。
ある日、元マネージャーのジョー(ポール・ジアマッティ)が、
一夜限りの復帰戦話を持ち掛けてきます。
その試合に勝った彼は、再び連勝しだします。
そしてついに、彼は世界チャンピオンと対戦します…。


私は、格闘技にあまり興味がないのですが、
この映画の世界チャンピオンとの試合シーンでは、
思わず身を乗り出して見てしまいました。
o(*▼▼*)o ワクワク・・

文字通り、正に身を乗り出して、
テレビ画面に近づいて見てしまいました。
わかりきっている展開にもかかわらずです。

それほど、素晴らしいシーンでした。
ロン・ハワード監督の手腕とラッセル・クロウの演技の
賜物で、迫力ある映像でした。
アウッ (。_°)☆O=(--#)q パーンチ

144分という長い映画ですが、だれることなく
見せてくれます。

妻役をレニー・ゼルウィガーが演じていますが、それよりも
ポール・ジアマッティの方がいい味出しています。
彼は現在公開中で、M・ナイト・シャマラン監督の
「レディ・イン・ザ・ウォーター」の主演です。

DVD特典に実際の白黒映像で、ジムのチャンピオン戦が
付いています。
これを見ると、まるで…



ラッセル・クロウだ〜〜〜!!
(○o○) ドキッ

本人が映っているのではないかと
見間違えるほどソックリで、
研究に研究を重ねた努力が垣間見えます。
さすが、アカデミー賞俳優!?

同じく、ロン・ハワード監督とラッセル・クロウの
ビューティフル・マインド」(‘01)も、
実在の人物ドラマでしたが、これは予想していた話と
全く違った映画でした。
これも、とても面白かったので、
この二人の組み合わせは、これからも期待大です〜。

blog180.jpg




ラベル:DVD 映画
posted by こでぶのブーコ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。