2006年10月28日

ブロードウェイ・ミュージカルの映画化…

「プロデューサーズ」です。
のっけから唖然としてしまいました。
こ、これはなんだ〜!
いったい何年の映画なの〜!
最初リメイクだと知らなかった私は、
目が点でした〜。

この映画の元になった作品は、1968年に映画化され、
2001年にブロードウェイで舞台化されていました。
舞台では、トニー賞史上最多12部門を受賞したという
名作です。
でも、でも、私にとっては…





迷作でした〜〜〜!!
┐(´〜`;)┌ かんべんシテネ


1959年のニューヨーク。
大コケの舞台ばかり作るプロデューサー、マックスに、
会計士のレオが金儲けの方法を思いつき提案します。
一晩で打ち切り確実なミュージカルを作り、
製作費を持ち逃げしようとたくらみますが…。


なんだか、元の映画をそっくりそのままリメイク
しただけのような…???
本当に何年の映画なのよ〜!
と叫びたくなるような映画です。

1959年ということなので、その頃の時代の
ミュージカルという感じでした。
なんだか、今さら?という印象が拭えませんでした。

同じミュージカルのリメイク版でも「シカゴ」(‘02)は、
全く古臭さを感じさせないし、ストーリーも面白かったです。

この映画には、この両方共が欠けているような気がします。
おかげで?私は中盤…





気を失っていました〜!
( iдi ) ハウー

そのため、テカリンに「ウイル・フェレルは何で足折れてるの?」
と聞く始末でした〜。
(――;)> イヤァ

blog184.jpg



ラベル:DVD 映画
posted by こでぶのブーコ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。