2006年12月06日

マラソントレーニング

「世界を制した日本の名ランナーが明かすマラソン練習法」
と副題がついたランナーのための本です〜。

瀬古利彦・中山竹通・野口みずき・高橋尚子…といった
総勢14名のそうそうたるメンバーが
マラソンについて語っています。ぴかぴか(新しい)

ホノルルマラソン直前なので、レース直前の過ごし方などを
ちょこっと伝授しますと、レース直前は…





疲労を取る!!!

やはりこれに限るようです。くつ
レース当日に疲れを残したまま挑むようでは、
失敗らしいです。バッド(下向き矢印)

私は、どちらかというと、疲労を取るタイプなのですが、
一度だけ疲労を残したまま走ったマラソンがありました。

それは、ホノルルマラソンの時で、前日に色々問題があって
走り回るハメになって、へとへとになってしまい、
レース当日は、8kmぐらいでもう足に疲労がきてしまいました。
この時の、フルマラソンはきつかったです〜。もうやだ〜(悲しい顔)

皆さんも、くれぐれも直前に練習しすぎないように
気をつけましょう〜。
と言いながら、練習量を落としすぎるのも良くないと
言われているので、これまたむずかしい問題です。exclamation&question

落としすぎて、足が軽くなると、マラソンには
向かないようです。
筋力が落ちて、レース終盤になって
脚がもたなくなるらしいです。
レース前半は、少し脚が重いくらいに仕上げておくと、
後半になっても、しっかりと走ることができるらしいです。

しかし、このさじ加減がむずかしい!
おまけに、個人個人で違いますからね。
結局は…







自分で自分の調整法を研究するしかない〜〜!!
という結論でした…。


blog212.jpg




posted by こでぶのブーコ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

国家の品格

藤原正彦著の本です。
話題の本だっただけに、興味深く面白く読めました。わーい(嬉しい顔)

最近の日本における色々な事件を考えると
この先、日本はどうなっていくのだろうと
憂える日々でしたので、とても心に染みました。霧

先進国共通の現象として、やはり、家庭崩壊・教育崩壊・犯罪を
挙げ、北朝鮮の核兵器についても書かれていています。
そして、世界の中の日本、その行く末を
「品格の高い国に対して、世界は敬意を払い、必ずや真似を
しようとします。それは、文明国が等しく苦悩している荒廃に
対する、ほとんど唯一の解決策と私には思えるのです。」と
はっきり示唆しています。右斜め上

金銭至上主義や、偏差値だけ高くて情緒のない人間、
小学生への英語や株式投資の勉強
などへ警鐘を鳴らしています。

反対に、武士道精神への賛美があります。
「卑怯を憎む心」です。法律で定められているから守る
というのではなく、そういう心が大事で、
こういうことには、論理も減った暮れもなく、
ダメなことは、ダメなのだということです。
なぜ、ダメなのかという疑問に答えるまでもないのです。

数学という学問に限れば、白か黒かと論理的に証明できると
思っていたのに、できないと証明されているらしいです〜!
これは、以外でした〜。exclamation&question
ですから、数学でさえ、論理では説明できないのだから、
一般の世界では、説明できなくても当たり前です〜。
だから、問答無用という考え方もありなのです。

興味深く思ったのは「あらゆる理系の学問において、
美的情緒こそ最も重要」ということでした。
数学やガンの研究で、美的情緒と一体どう関係するのか、
理解できない分野なので謎ですが…。たらーっ(汗)

日本の行く末がより良い方向にむかうことを
祈りたいですが、この本がいくらベストセラーになって、
たくさんの人に読まれても、なかなか変わらないものです。
先頭に立つ人たちがもっと考えを改めて行かないと
品格のある国家には近づけないと思います…。ふらふら

折りしも、今日、村上ファンド解散というニュースが
飛び込んで来ました。
著者によると、彼は、金銭至上主義の品格のない人間と
いうことになるのでしょうか〜!?あせあせ(飛び散る汗)

blog190.jpg




タグ:
posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

おでんくん〜愛ってなんですか?

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の
リリー・フランキーさんの絵本です。

おでんは、全体的に茶系で、地味〜で
家で作っても、何か色合いが寂しいなと思う
お料理です。

なのに、この「おでんくん」はと〜っても
カラフルです〜。
衣装や髪の色が、原色になっているからです。
そして、絵もシュールです。

一人?一つ?気持ち悪いのがいました。
それは、くしてんくんです。

体は一つなのに、頭が三つあって、おまけに首はなくて、
串に刺さって繋がっているというキャラクターです。
どうも、これは不気味です…。
(((p(>v<)q)))!!

どうやらこれは、「ふつう」「気性が激しい」「気が弱い」という
三兄弟らしいです。
子供たちは、この不気味さを受け入れられるのでしょうか?

他に、わからないキャラクターは、にんじん娘。と
ぎんなん坊主とタケさんです。
にんじんとかタケノコなんか、おでんに単独で入っているの
見たことありません。
これは、巾着に入っている具材なのでしょうか?
どうも、謎です…。

「おでんくん」って、アンパンマンみたいです。
おでんの世界とパンの世界という共通点で、です。

でも、アンパンと違って、おでんは全体の総称だし、
本当は…




巾着くんじゃないの〜!?

と突っ込んだりなんかして…。
(°-°;)ヾ(-_- ;) シモシモ・・

おでんくんたちは、人間に食べられても、なぜか
おでん沼から帰ってきます。
ということは、不老不死で、永遠にこの世界が続いて、
死を知ることはないということでしょうか?
こんなこと漫画だから、当たり前…?

そして、おでんくんの巾着からは、
ドラえもんのポケットのように、
場面場面にあったアイテムが出てきます。
このような設定だと、まだまだお話が
続けられそうです。

blog173.jpg

posted by こでぶのブーコ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

サウスポー

「左ききのたみやさん。」という本で、
著者は、女性で左ききのたみやともかさんです。

私は、右ききなので、あまり気づきませんでしたが
これを読むと左ききの苦労がよくわかります。
特に、小学校時代の「左ききでよかったこと、
悪かったこと」を比率で表すと、1対9で、
成長するにつれて変化して、最近では、
逆転して7対3くらいだそうです。

「これ嫌いランキング」のワ−スト3の第3位は
「周囲の目」で、特に年配の人は左ききにキビしいらしいです。
そういえば、小学生のときに、左ききの子がいたのですが、
その子は、先生によく注意されていたような気がします。

ある日、担任じゃない先生が教えに来たとき、
その子を見て「君、かわいそうだな」と何度も言うので、
私は、何がかわいそうなのだろうと不思議に思っていると、
「中学生になったら、英語を勉強するが、英語は左から右に
書かないといけないから、君はかわいそうだ」
と言うのです。

当時は先生の言うことだから「ふ〜ん」と思って
聞いていましたが、今でも鮮やかに記憶に残っている
ということは、この「かわいそう」という言葉が
私の心に、どうも引っかかっていたようです。
(/-_・)/D・・・・・------ → (;/゜o゜)/ ザク!

もっと別の言い方がなかったのかな〜と思います。
今なら、ひょっとして、問題発言?にでも
なるのでしょうか!?
σ(・・?)..ヘ(~・・)ゝホェホェ

ところで、左ききの人は、世の中がほとんど右きき用に
なっているから、嫌でも右手を使わざるをえないので、
脳が活性化されると聞きました〜。
ですから、右ききの人も、左手を使えば、同じく
脳が活性化されるらしいです。

それで、手始めに歯磨きを左手ですることにしました。
最初は、とてもやりにくかったのですが、
今では、違和感無くできるようになりました〜。
皆さんも、試してみれば、眠っていた脳が
活動し出すかも〜!?
V(°∇^*)⌒☆ぶいぶいィ〜♪

blog166.jpg



タグ:左きき
posted by こでぶのブーコ at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

フロリダ州オーランドは、大会好き!?

ルービックキューブの世界大会は、
ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内の
ディズニー・ポップ・センチュリーで行われました。

また、TVドラマ「ダンドリ。」の原作となった
チアダンスの全米選手権も、オーランドの
ユニバーサル・リゾート・シティウォーク内の
ハードロック・プラザで開催されました。

そして、この二つの大会でそれぞれ日本人が優勝しました〜。手(チョキ)
\(^o^)≪★祝☆CONGRATULATIONS☆祝★≫(^o^)/


「ダンドリ。」の原作「ダンス・ラブ・グランプリ」を
読みました。
ヾ(^-^ゞ(゜O°ゞ(._.ゞ(~-~ゞ ヾ^-^)ヾ@_@ダンスダンス

日本での優勝のみならず、全米までも制覇してしまった
神奈川県立厚木高校のダンスドリル部。
彼女たちのケガや勉強や仲間や精神面での葛藤が
描かれています。

あんなにも、自分たちを追い込んで、追い込んで
練習を重ねた日々。
そして、チア・スピリッツというものが
「人を元気づけ、楽しませるもの」として、
彼女たち自身が楽しんで踊るという心からの笑顔に、
観客も元気が出たり、感動したりすることが
できたのだということがよくわかりました。

県立の進学校であるため、クラブ活動の範囲で練習を行い、
これだけの偉業を成し遂げた彼女たちの努力に
惜しみない拍手を送りたいと思います〜。ぴかぴか(新しい)

今からでも、何か始めて打ち込んでみるのも
いいかも〜と思わせてくれるので、
学生たちには、ぜひ読んでほしい本です〜。

ドラマにパート2とか、スペシャルがあれば、きっと
全米への挑戦版になって、さらなる技術向上が
期待されたと思いますが、残念ながら、
続編は無い感じでしょうか。


ところで、オーランドでの大会の良さは、大会後、
遊ぶ所がいっぱいあるところです。
彼女たちも、ディズニー・ワールドで心置きなく、
休日を満喫したそうです。
きゃっきゃo(^-^ )o( ^-^)oきゃっきゃ

うらやましい〜〜〜!!
(って、結局はそれかよ!)
く(*´―`) エヘヘ

blog155.jpg


タグ: ドラマ 原作
posted by こでぶのブーコ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

駅弁の思い出…

駅弁のカラー写真をみているだけで、
よ、ヨダレが…。
(。・ρ・) ジュル

「ニッポン駅弁大全」小林しのぶ著です。
駅弁は、全てカラーページなところに、
作者の駅弁好きが伺えるような気がします。

変わったところでは「駅弁スイーツ」という代物が
あったことです。

“東京駅で、東京駅の駅弁に入っている甘味だけを集めた“
とあり、“「極附弁当」のごまゆべしや「大人の休日」の
梅葛まんじゅう、「幸福弁当」の一福団子など“と、
ちょっと聞きなれない和菓子系のスイーツばかりを
集めたもののようでした。
しかし、これはいつの間にか販売中止になったそうです。


“かならず食べたい47都道府県おすすめ駅弁リスト“
の中に、兵庫県の和田山駅の「但馬の里 和牛弁当」があり、
以前、和田山駅で駅弁を買いに行った時のことを
思い出しました…。

駅弁は、駅改札外の喫茶店で売っていると教えられ、
行ってみると、そのお店には、お客さんが一人いました。

モ〜ぎゅうぎゅう(牛牛)詰弁当ください」と言うと
「ああ、あれね、もう作ってないねん」と言われました。
「えっ!」とショックを受けているとお客さんが
「あれ、家でまだ鳴いてるわ」と…。
すると、お店の人から、ビックリ発言が…




「あれ…

千回鳴くねんで」


お客さんも「そや、千回鳴くねんな」
私「千回…」
( ̄ω ̄;) ブヒ〜

結局、当時、新商品の地釜炊き釜めし(松茸入り)
を買いました…。


※解説…そんなに遠くない昔、和田山駅には
      「モ〜ぎゅうぎゅう詰弁当」という駅弁があり、
      それは、フタを開けると“モ〜“と鳴く仕掛けが
      付いていました〜。

blog152.jpg



タグ:グルメ 駅弁
posted by こでぶのブーコ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

がばいばあちゃん

がばいとは「すごく」という意味の佐賀の言葉で、
副詞なので「すごくばあちゃん」となり、
文法的には、おかしいのですが、
あえて形容詞として使用して
「すごいばあちゃん」ということらしいです。

島田洋七著の本で、映画化もされました。
私が読んだのは「佐賀から広島へ めざせ甲子園」編です。野球

母子家庭で小学2年生の明弘は、
広島から佐賀の祖母の家に預けられます。
祖母は、7人のこどもを育て、一番下の知的障害のある息子の
アラタちゃんと二人暮しでした。
それから、中学を卒業するまで、3人で暮らした貧乏時代の
数々のエピソード。
そして、高校は、母のいる広島に戻り、
甲子園をめざす野球部の話、そして、卒業後、
次に漫才師をめざすまでの話がつづられています。


映画で、祖母の役は、吉行和子さんです。
映画は見ていませんが、本を読んだ印象から言うと、
ちょっと綺麗すぎて、田舎臭さがない感じがします?

北林谷栄(きたばやしたにえ)さん
(映画「大誘拐」のおばあちゃん役)
なんかが良いと思いましたが、調べてみると、
95歳で、ちょっとご高齢すぎるようなので、
菅井きん(すがいきん)さんなんか、いかがでしょうか〜。
しかし、菅井きんさん(「功名が辻」の豊臣秀吉の母役)も、
もう80歳らしいです…。

それは、ともかく、がばいばあちゃんは、とてもパワフルです。
がばいばあちゃん語録を拾ってみると、

1、空腹で夜中に目が覚めて「お腹がすいた」と言うと、
  ばあちゃんは「夢や」ムード
2、1万人生まれてきたら、5,6人は故障する、
  故障したら、またやり直す
3、人間、死ぬ時に、51対49でしあわせが
  1つでも勝てばいいパンチ
4、寝てる時間は意識がない、あれの長いのが死、
  だから心配せんでもよい、人間は毎日死んでいる眠い(睡眠)
5、世間に見栄を張るから、だめになると色々と迷って、
  逆恨みしたり、自殺したりする
6、夢は叶わなくてもいい、しょせん夢だから、
  死ぬまで夢はどんどん見ろ、人生はそれの繰り返しだ
7、人生は死ぬまでのひまつぶしだ、いろんな仕事をして
  死ぬまでひまをつぶせ、仕事はお金ももらえる
  最高のひまつぶしだ…ふくろ

抜書きだけしても、イマイチぴんとこないかもしれませんが、
その場面、場面に応じた、的確でたくましい言葉です。

貧乏でも、明るくたくましい貧乏だった作者。
時代背景が違うから、確かに生きにくい世の中ですが
がばいばあちゃんの生き方に元気をもらえる人も
いるかも〜!?ぴかぴか(新しい)

blog150.jpg




タグ:
posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

おまんじゅう〜大集合!

日本古来の和菓子だけあって、日本全国津々浦々、
色々なお饅頭があります。

しかし、それを全部食べるわけにもいかないし、
元々知らないお饅頭は、買いにも行けません。
Y(>_<、)Y

それを「なごみのまんじゅう手帖」という本では、
カラー写真満載で、たくさん紹介していて、
見ているだけでとても楽しい気分になります。
(  )3〜♪♪♪

ブタキャラの中華まんは、2種類紹介されていますけれど、
ブタキャラのおまんじゅうは、なぜかありません。

なぜ、ブタの中に…


あんこは入っていないのよ〜!

あってもいいと思うのですけれど。
それとも、日本全国捜せば、どこかにあるのでしょうか?
わかりません…。
(;-_-;) ウーム

しょうがないから、ワタクシめが作ってみましょう。
ブーコまんじゅう、略して…




ブーまん!
近日、発売予定!

…なんてね〜。

“ぷよまん”(パズルゲーム「ぷよぷよ」のキャラクターの
紅葉饅頭)みたいなことになったら大変なので、
現在未定です〜???

blog142.jpg



posted by こでぶのブーコ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

無敵のハワイ

またもや、ハワイシリーズです。
本当に行けないときは、本でも見て
その気分に浸っておけってか〜〜!です。

著者は、二人の共同執筆ですが、その名前がなんと、


まのとのま〜〜〜!!


まの&のま
真野さん&乃間さん…なんですよ〜!
\( ~∇~)/ エーーーッ!

これぞ、上から読んでも、下から読んでも…というもの
ですね。

このお二人は「無敵の〜」という旅行シリーズを
たくさん出版しています。
皆さんも、イラストを見れば、一度はどこかで
見たことがあるかもしれません…?

1頁ごとの描き込みが、すごい情報量なので、
読み応えがあります〜。

今度ハワイへ行ったら、ここで食事してみようとか、
ここへ行きたいなと思うようなところを紹介しています。
ガイドブックとしても、役に立つ情報満載でした。

色々なシリーズがありますので、行きたいところと
合致すれば、ぜひ読んで見て下さい〜。

blog121.jpg

タグ:ハワイ
posted by こでぶのブーコ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

「ハワイで大の字」私もなりたい〜!

あ〜あ、ハワイ行きたいですね〜。
特に、この暑い日本にいるくらいなら…。

小栗左多里(おぐりさおり)&トニー・ラズロ著の
冒険紀行です。
「ダーリンは外国人」の本の著者で、ご存知の方も
多いかもしれません。

この本は、ハワイのマウイ・ハワイ・カウアイ・オアフの
四島での体験ツアーに基づいています。
どんな体験ツアーなのか、わかりやすく描かれているので、
ツアーに興味がある人には、とても参考になるし、
テレビでも見たことがある体験ツアーが
紹介されているので、馴染みもあると思います。


カウアイ島の近くに、ニイハウ島という
個人が所有している島があるということを
初めて知りました。
おまけに、島民との会話を禁止しているという事実には、
ビックリしてしまいました。
(°O° ;) オドロキ!

しかし、収入のため、島民と接触しない、
ヘリコプターでのツアーやサファリツアーは
行っているそうです。
バタン♪Ю―(^O^ )おじゃましマース

このニイハウ島については、トニーが詳しく書いていて、
とても興味深いコラムとなっています。


色々と参考になる本なのですが、ただ一つ
各ツアー料金が載っていなかったのは、残念でした。
こ、この理由は…




すぐ値上がりするからなのか〜〜!?
((bbb=(;o;)=ddd))ヌオオオッ

blog115.jpg

タグ:ハワイ
posted by こでぶのブーコ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

エジプトのききめ。

なつかし〜い!
もう、10年以上前、エジプトに行ったことを
思い出しました。

旅行書というわけでもないですが、
イラスト&写真入りの旅の本です。

何がすごいかと言うと、ツアーではなく、
フリーで二人だけで行ってることがすごいです!

ぼられたり、だまされたり、と数々の災難に遭いながらも、
何度も繰り返しエジプトに足を運ぶ…
それほどの魔力がエジプトにはあることを
余すところ無く書いています。

そして、エジプト人のそのぼったくり方や、だまし方が、
なつかしいというか、

彼らなら、やりかねん!!

と思えることばかりで、思わずうんうんとうなずいてしまう
私でした!
(⌒▽⌒)ノ_彡☆バンバン!

私は、ツアーで行ったのですが、自由行動の時には、
やはり、ボられたり、何かあるとすぐに「バクシーシー」
と言われて小銭を要求されたり、といつも気が抜けない
緊張の連続???でした。

その自由行動の時、小船でしか乗って行けない場所に、
自分たちで往復の値段交渉をして乗せてもらいました。
迎えに来てくれた人は、値段交渉した人とは違う人だったので、
結局倍くらいのお金を取られるハメになってしまいましたが、
船に乗らないと帰れないので、仕方なく払いました。

今でもそのことは鮮明に覚えていますが、結局、川を渡って
何を見学したのかは、ウッスラとしか覚えていません…。
(━┳━__━┳━)

しかし、この本に書いてあることは、
こんな生易しいことではありません。
個人旅行ならではのものすご〜い体験談が
載っています。

作者たちが“「もう二度と来るもんか」とからだじゅうが
沸騰する(本文)“というくらいの出来事が書かれています。
ホントにこのエピソードは強烈でした!
(夜行バスの話です…)
( ̄ ̄ロ ̄ ̄;;)

さらに、絵がとっても面白い!
女性二人なのに、なぜか、旦那のテカリンみたいに
ツルツル坊主にデフォルメされた作者たち…。
女性だから髪形がしょっちゅう変わるから、
あえて坊主なのか…?

とにかくとっても書き込んである本で、
数々のエピソードもとても面白く、興味深いので、
ぜひ一度手にとってみて下さい。

k.m.p 

blog108.jpg
タグ:エジプト
posted by こでぶのブーコ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

アフィリエイトで月100万…!?

これって「アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法」
伊藤哲哉著の本のタイトルです〜。

すごく自信満々のタイトルで驚きますが、
手にとっている私のことを考えると、

まんまと罠に掛かっています〜!!

さて、中にはどんなことが、書かれているかというと、
まずは、サイトの作り方についてです。

ユーザーは、一瞬でサイトを判断するから、
タイトルのつけ方が大事だと述べられています。

そして、“「なんとなく感覚で決めているかも…」
これではダメです!!“
と書いてありました…。

しまった〜〜〜!

なんとなくで決めていました〜!!!

それも、ほとんど何も考えずに…。
ブログとしては、後発組にもかかわらず、
そんなこと、ちぃ〜とも考えませんでした。
(TωT)ブヒー

“ブログにブーログ“これ、いいかも〜くらいの感覚でした。
いきなり、タイトルで失敗していたとは…。
(・_・)(_・ )(・ )( )( ;)( ;_)(;_;) シクシク

著者の伊藤哲哉さんは、「かかってこい!英会話
を筆頭に、英語をテーマにしたサイト運営をされていて、
1年後には月収30万、2年後には月収80万、
現在は月収100万以上という夢のような生活を
送っています。
(゜▽゜;) オドロキー

皆さんも、これからサイトを作るときは、
この本を読んでから作ると、とても役に立つと思います。
そして、第二の伊藤さんを目指しましょう〜。
なんてね…。
♪〜( ̄ε ̄;)

blog103.jpg


posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

サバ課長って…誰?

哀愁の中間管理職「サバ課長」という本です〜。
見開き1頁は漫画で、もう1頁は教訓?らしきものが
書かれています。

社員には、モヤシとかヒツジとかネコがいますが、
その中でも、ネコ社員の紹介が面白いです。
「サバ課長とは仲良し。ただ、空腹時にサバ課長を
見るのは非常につらい。」
逆に、課長のプロフィールに、
「苦手なもの…空腹時のネコ社員の視線」
とあることです。

ほんわか、まったり系の本なのに、
いつか残虐なシーンが…!?
\(>◇<)/ギャー!

ケータイ・サイトでも会えます!とあったので、
さっそく見に行くと、

うぎゃ〜〜〜〜〜!

その機種では使えません」ですって〜〜〜!
(━┳━◇━┳━)

そりゃあ、私のケータイはかなり古いですよ。
人には言えないくらいなので、あえて言いませんが…。

3コママンガとかもあるらしいので、キョーミのある方は
アクセスしてみて下さい。
(キャラクター→キャラマックス
機種によってはビミョ〜に違います)
ただし、私と同じ目にあっても知りませんけど…。
[壁]`∀´)Ψヶヶヶ

blog89.jpg

posted by こでぶのブーコ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

ウドちゃんの旅してゴメン

名古屋テレビ制作「ウドちゃんの旅してゴメン」の
テレビ番組の本です。

キャイーンのウドちゃんだけで天野君は出ていませんが、
なんでゴメンと謝るタイトルなのか不思議です。?^.^?

名古屋の放送局なので、旅した場所も、愛知、岐阜、三重
付近が中心となっていますが、その他の県も少し載っています。
内容は、ちょっとした観光ガイドブックですが、
それがメインという本ではありません。
あくまで「ウドちゃんの旅してゴメン」の本です。

大きな書店でも探しましたが、どこにもなく、
通販で購入しました。
最初からこの番組を見ていたわけではないので、
見た放送と本の内容は、重なってはいませんでした。
(#^.^#) ニョホ
番組自体は、全国ネットではないので、関西では、
少し遅れて放送されているようです。

番組の最後で、ウドちゃんが、色紙を描くのですが、
結構味があって、いつも楽しみにしています。
その色紙コレクションも、31枚載っています。
(ひょっとして、私のライバル〜?)
チュドーン*****≫))))(/_x)/アレー

その昔、アポなし(事前に約束していない)取材という言葉が
流行りましたが、この番組も正にその通りで、
行き当たりばったりの旅だなあということがよくわかります。
そして、ウドちゃんの人の良さがにじみ出ている番組です。
本文中にも、スタッフの対談があり、その人柄の良さが
しのばれます。
そして、この本を読むとあなたも癒されます〜!?

ウドちゃんの旅してゴメンTV

blog87.jpg


posted by こでぶのブーコ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

ブログ進化論

「なぜ人は日記を晒(さら)すのか」
という副題がついている本で、
著者は、岡部敬史さんです。

その中で、まさにタイムリーな話題だ〜と思ったのが、
SNS(Social Network Site)です。

これは、ブログと同じような仕組みですが、
ただ一つ大きく違うところは、
既存会員から招待されたSNSの会員しか
利用できないという規定があることです。
(^^)-(^^)-(^^)-(^^)-(^^)-(^^)-(^^) ランラン♪

それゆえ、私的なことだけを書いて、
仲間内だけに知らせたいというようなことには、
便利なようです。
\( ^o)( ^ 0 ^ )(o^ )/ なかまぁ♪

さて、そのタイムリーなニュースとは、
このSNSの会員数が最大のmixi(ミクシィ)内で、
6月21日に、「mixiの日記から、ウィルスが広がっている」
という内容がチェーンメイルのように広まったという事件です。
(;_; )オロオロ ( ;_;) オロオロ

友人であるからこそ、素直に信じ、善意から、
次から次へと広がってしまったようです。
書いた本人によると、ただの「ネタ」だったそうですが、
人騒がせな話です…。
ヽ(―_― )ノ マイッタ

著書では、他にも色々な観点から、ブログを紹介しています。
企業がキャンペーンやコンテストで
ブログを募集していたことも初めて知りました。
(・  _  ・ ;) ヘェー

ブログというものをもう一度見直すのには、
興味深い本だと思いました。

blog82.jpg

posted by こでぶのブーコ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力

英文法の解説書の本です。
著者は、NHKテレビ「3か月トピック英会話ハートで感じる英文法
の講師を務めていた大西泰斗(ひろと)氏です。
β(□-□ ) フムフム

この番組を見ていた人なら、この本に書いてあることが
「あ〜、なるほど〜。」と思い出されることでしょう。
もちろん、これは番組用の本ではありませんので、
この本だけでわかる英文法の話になっています。
φ(°―°)ホォホォφ(。_。)メモメモφ(°-°)フムフムφ(。_。)カキカキ

解説書といいながらも、まるで、テレビから話かけてくるかのような
感覚になる会話文で文章がつづられています。
おかげで、テレビの解説シーンが思い浮かんでしまいます〜。
(f^^) ボリボリ

同じ番組に出演していた男性のポール・クリス・マクベイが
共同執筆者となっているのには、びっくりしました〜!
コントシーン、失礼!
シチュエーション・コメディ・シーン…だから、違うってば!
要するに、英会話のシチュエーション・シーンの担当なだけで、
単なる出演者の一人に過ぎないと思っていたからです。

テキスト買わずに見てたのバレバレです〜!
(  ・_) シラー・・・

こういう本って、読んでいる時は「フムフム、なるほどな〜」
なんて思うのですが、いざ、実際に英会話に生かせるのか!
っていうと、それは別問題なのですわね〜。
…..(;__)/| ずぅぅぅぅん

それに、すぐ忘れるし…。
(゜_、゜;)どよどよどよ〜ん

やっぱり、英会話は実践しなくちゃね〜。
なんて、悲しい言い訳です…。
でも、ためになる本です〜。

blog69.jpg

posted by こでぶのブーコ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

「バカの壁」とは?

養老孟司氏の大ベストセラーです。
タイトル的に、読みやすい本かなと思いきや、
結構、読みづらい本でした。
?(;_;?) ワケワカメ・・・

作者が独白した内容を編集部の人が文章化したのですが、
編集しても、これだけ頭に入りづらいのは、
作者の言葉自体をそのまま生かそうとしたからかな
と思いました。
(~ヘ~;)ウーン

一つ、興味深い内容としては、感情に対して、
プラスかマイナスは良いが、ゼロか無限大は問題だ、
という話です。

ゼロは無関心で、興味が無い、眼中に無いということで
どうしょうもない、
また、無限大は、その人にとって絶対的なものになり、
それも始末が悪いということです。

マイナスであっても、現実として認識しているから良いわけで、
嫌よ嫌よも好きのうちとなるが、
ゼロであれば、現実として捉えていないということで、
どうしょうもない、
だが、プラスかマイナスであれば、
脳が動き、行動につながるという話です。

でも、昔、友人が一度嫌いになった人を好きになるはずがない
と言い切っていました。
当時、私もなるほど〜と納得しましたが、
これは断言できないのだなと思いました。

世の中には色々な解答があり、それらを認めることが必要で、
一元論は強固な壁の中に囲まれることになり
それはすなわち「バカの壁」であるということです。

そしてまた、自分の脳に入ることしか理解できない「バカの壁」がある
ということを知ることが大事だということです。


この本の主旨はわかるけれど、細かい話はわかりにくいということで、
結局、この本に、私の脳が「バカの壁」を感じてしまいました〜!
はあ〜、疲れた〜。
(+o+)

blog66.jpg


posted by こでぶのブーコ at 03:38| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

役立ったブログ参考書

これからブログを始めようかなと思っている人にも、
すでに始めている初心者の人にもいいかな〜と思う、
私が役立った参考書を紹介しま〜す。

「できる100ワザブログ アフィリエイトも楽しめる
アクセスアップの実践テクニック」と
「はじめての無料 ブログデビューのツボとコツ」です。

「できる〜」は、100のノウハウをていねいに解説してくれています。
おまけに今なら、できるシリーズには、応募券が付いています。
1枚から応募できて、プレゼントが当たりま〜す。(ただし5/31迄)
(^^*ゞ ポリポリ

わからない言葉とか調べるのにも便利です。
それに、知らないことも多かったので、
は〜ん、なるほど〜、と役に立ちました。
手元に1冊は置いておきたい本だと思います。
おすすめで〜す!

「はじめての〜」は、Seesaaのブログ作成の方法を
ていねいに解説してくれています。
これで、知らなかった使い方もわかりました。

他のブログの説明も載っていますが、
Seesaaでのブログ作成を一番細かく解説していますので、
Seesaaでブログ作成しようとしている人にはいいかなと思います。

ブログも次々と進歩したり変化しているので、本が出版された時点で、
もうすでに内容が違うこともありますが、
それでも、ブログの基本的なことは同じかな〜と思うのですが
どうでしょう?
良ければ、参考にしてみて下さい。

blog51.jpg
posted by こでぶのブーコ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

ダ・ヴィンチ・コード(下)

ふ〜、やっと読み終わりました。
全ての謎が解けました。

犯人捜しがメインの小説ではないですが、
映画の配役を見たときに、

全て、○っとお見通しよ!犯人はお前だ〜!

と思っていたら、実際その通りでした。(- .-)ヾ ポリポリ

ルーヴル美術館には、ぜひ行ってみたくなりました。
小説にもありましたが、エッフェル塔を寝かせて
3つ並べても足りないほどの広い建物で、
作品を全て鑑賞すると約5週間かかるらしいです。
ナッナニー! (^(^(^(^(^(^^;)

だから、逆さピラミッドや小説に出てきた
有名な名画だけでも見たいと思います。
そして、パリの香りを嗅いでアコーディオンを聞いてみま〜す。
(「アコーディオンは変化していました!」ブーログ参照!?)

blog49.jpg

posted by こでぶのブーコ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

ダ・ヴィンチ・コード(中)

いよいよ、ダ・ヴィンチ・コードも中巻です。

フランスのルーヴル美術館から始まった物語は、
次々と舞台を移動していき、逃亡犯にもかかわらず、
イギリスまで向かって行きました。
ヽ(゜ロ゜;)ノ \(°o°;)/ ウヒャー

最近は、テレビでも「ダ・ヴィンチ・コード」の特集が
よく組まれているので、中巻は知っている話が多かったです。
(;o;)(;o;)(;o;)

「最後の晩餐」でイエスの隣にいるのは、マグダラのマリアで、
その間にMという字が現れているとか、
弟子のペテロがマリアを脅しているとか、
ビル・ゲイツが、レオナルド・ダ・ヴィンチの鏡文字の草稿を
美術館に貸し出した話とか…等です。

でも、ウォルト・ディズニーが、ダ・ヴィンチと同じように、
聖杯の話を密かに作品に盛り込んでいて、
“現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ”と賞賛されていたことは
知りませんでした。(゜O゜)

残るは、下巻のみです。早く読まないと、あちこちで
ネタバレされてしまう〜〜〜!
ホレ (ノ- -)ノ....((((((((((((●~* ( *_*) ギャー

blog47.jpg

posted by こでぶのブーコ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。