2006年10月06日

目からウロコの美味しいブッセ!

スイーツで、ブッセとは、一体何なのか?
意味的にはフランス語で「一口パイ」だそうで、
丸くふくらんだ気軽なお菓子らしいです。

このブッセは、気軽なお菓子だけあって、今まで
あまり美味しいと思うほどのブッセに巡り会ったことは
ありませんでした。
ですから、全く期待していなかったスイーツでした。
しかし、今回食べたものは、目からウロコ!がく〜(落胆した顔)
と〜っても


美味しかったのです〜!

今まで、バカにしていたブッセさんたち、ゴメンナサイ!
( ^o^)ご( -。-)め( _ _)ん( -。-)ね(^o^)

これは、どこのブッセかと言うと、
シェ・アオタニ」という東大阪の新石切駅近くにある
洋菓子店の「石切ふわり」というお菓子です。揺れるハート

プレーンと抹茶の2種類あって、フワッと焼き上げた生地に
クリームが挟んであるのですが、この生地も普通よりも、
少ししっかりした感じでモチモチしていて、おまけに
中のクリームもとっても美味しいのです。
今まで食べたブッセとは、ずいぶん違いました。

プレーンはそのままですが、抹茶の方は生地自体が抹茶で、
プレーンと同じクリームが入った中に、
小豆が少し入っていました。

私は、基本的に抹茶が嫌いなのですが、
これはとても美味しくて、
プレーンと甲乙つけがたいほどでした。
ちょっと大阪市内からは遠い所ですが、
石切神社も石切参道もありますので
機会あれば、お参りがてらお試しを〜。ハートたち(複数ハート)
○ >^*)パクッ

blog168.jpg
posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

レジェンド・オブ・ゾロ

映画「マスク・オブ・ゾロ」から、7年ぶりの続編です。


ゾロ(アントニオ・バンデラス)は、
カリフォルニアが米国の31番目の州として
加盟を問う投票を阻止されぬよう、
戦いを続けていました。
引退を望む妻エレナ(キャサリン・ゼータ・ジョーンズ)は、
口論から激怒し、彼は家を出ます。むかっ(怒り)
ある日、エレナから離婚申立書が届き、
彼女と伯爵の交際を知りますが、
その伯爵はある陰謀を企てていました…。


「マスク・オブ・ゾロ」の時に、キャサリンを初めて見ましたが、
以降、アカデミー賞も取ったし、大出世?で、
それ故、今回は出番も多く、大活躍です。

機関車の爆破シーンはミニチュアを使っていますが、
2回も行ったので、1回目で丸こげになった物を
再生して撮影したそうです。爆弾
機関車のシーンは本物とミニチュアの合成ですが、
本物といっても、博物館から借りてきたもので、
よく貸してくれるものだなあと思いました。電車

息子のアクションもたくさんあって、10歳くらいで
スゴイな〜と思っていたら、なんと10〜21歳までの
スタントマンが演じ分けたそうです。
そういえば、ちょっとおかしい?というか、今のは
本人じゃないかも〜と思えるシーンもありました。
それに比べて、アントニオはアクションを
ほとんど自分でこなしたそうです。

パート3を作るなら、息子が大きくなって、
親子でゾロを演じそうです〜。カチンコ
でも、それだと結局「マスク・オブ・ゾロ」と…


同じじゃ〜ん!?

blog167.jpg

ラベル:映画 DVD
posted by こでぶのブーコ at 23:50| Comment(3) | TrackBack(4) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

サウスポー

「左ききのたみやさん。」という本で、
著者は、女性で左ききのたみやともかさんです。

私は、右ききなので、あまり気づきませんでしたが
これを読むと左ききの苦労がよくわかります。
特に、小学校時代の「左ききでよかったこと、
悪かったこと」を比率で表すと、1対9で、
成長するにつれて変化して、最近では、
逆転して7対3くらいだそうです。

「これ嫌いランキング」のワ−スト3の第3位は
「周囲の目」で、特に年配の人は左ききにキビしいらしいです。
そういえば、小学生のときに、左ききの子がいたのですが、
その子は、先生によく注意されていたような気がします。

ある日、担任じゃない先生が教えに来たとき、
その子を見て「君、かわいそうだな」と何度も言うので、
私は、何がかわいそうなのだろうと不思議に思っていると、
「中学生になったら、英語を勉強するが、英語は左から右に
書かないといけないから、君はかわいそうだ」
と言うのです。

当時は先生の言うことだから「ふ〜ん」と思って
聞いていましたが、今でも鮮やかに記憶に残っている
ということは、この「かわいそう」という言葉が
私の心に、どうも引っかかっていたようです。
(/-_・)/D・・・・・------ → (;/゜o゜)/ ザク!

もっと別の言い方がなかったのかな〜と思います。
今なら、ひょっとして、問題発言?にでも
なるのでしょうか!?
σ(・・?)..ヘ(~・・)ゝホェホェ

ところで、左ききの人は、世の中がほとんど右きき用に
なっているから、嫌でも右手を使わざるをえないので、
脳が活性化されると聞きました〜。
ですから、右ききの人も、左手を使えば、同じく
脳が活性化されるらしいです。

それで、手始めに歯磨きを左手ですることにしました。
最初は、とてもやりにくかったのですが、
今では、違和感無くできるようになりました〜。
皆さんも、試してみれば、眠っていた脳が
活動し出すかも〜!?
V(°∇^*)⌒☆ぶいぶいィ〜♪

blog166.jpg



ラベル:左きき
posted by こでぶのブーコ at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

ブラザーズ・グリム

のちに童話作家となるグリム兄弟が、
呪われた森の謎を解くファンタジー映画です。


ニセの魔女退治でお金を稼いでいたグリム兄弟
(マット・デイモン、ヒース・レジャー)は、
その詐欺に気づいた仏将軍に捕まります。
将軍は、ある森で少女たちが失踪した事件を
解決するように命じます…。


マット・デイモンは、昔はジミーちゃんに
そっくりだったのに、ずいぶん顔が変わったな〜と
思っていましたが、この映画を見て、やっぱり
サル(ゴリラ?)顔は相変わらずだなあと
思いました…ファンの方、怒らないでね〜。
⊂(◎(工)◎)⊃

それでも、「リプリー」(’99)の映画の頃から比べると、
彼の顔は、相当?すっきりしました。
良かったら「リプリー」で、昔の彼を確認してみて
ください〜。
ヽ@(o・ェ・)@ノ


もう一つ、顔つながりで言うと、ヒース・レジャーも
全く気づきませんでした〜!

出演者をはっきり知らないまま見ていたので、
眼鏡をかけ、ヒゲをつけている、この人は
一体誰だろう?と意識して見ていましたが、
誰だかわからず、きっと知らない俳優だろうと
思っていたので、ビックリでした〜!

ただ単に、痩せこけただけなのか、
それとも顔ごと変わってしまったのか、
最新映画「ブロークバック・マウンテン」で
チェッ〜ク!といったところでしょうか〜!?

blog165.jpg


ラベル:DVD 映画
posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(3) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

イーオン・フラックス

チャーリズ・セロン主演のSFアクション映画です。


人類滅亡の危機を生き延びた25世紀。
人々は科学者の子孫トレバー(マートン・ソーカス)独裁の下、
ウィルスに汚染された外界から遮断された都市で
暮らしていました。
ある日、反政府組織“モニカン”の戦士、
イーオン(チャーリズ・セロン)に、トレバーの
暗殺命令が下ります。
しかし、トレバーと接触した瞬間、イーオンの脳裏に、
記憶のない彼と自分との姿が、フラッシュバックします。
そして、その意味を探ろうとイーオンは
動き出しますが…。


あらすじを全く知らないで見たので、どんな話なのか
なかなか見えてきませんでした。
なんだかわかりづらかったです。
イーオンのセリフも少なく、暗めのトーンです。

元は、MTVのアニメで、イーオンと同士のシサンドラが、
足を手に改造しているのも、そのままらしいですが、
ちょっと不気味でした。

和テイストとして、番傘とか畳とか、おまけに
水とんの術まで出てきました。
SF未来だから、何でもありなのね〜
と思ってしまいました。
( -_-)ノ −−−===≡≡≡ 卍

全身タイツ?は、彼女でなければ着こなせない衣装で、
モデル出身だけあって、クールです〜。

アクションもほぼ自分でこなしたために、
首をけがして、7週間も撮影を中断したらしいです。
でも、きれいな側転とかができるのね〜、
柔軟性といい運動神経バツグン!
ε= (ノ**)ノ ジャーンプ

どうなっているの?と思ったところは、
飛行船への出入りは、飛行船から出ている布きれを
伝ってしかできなさそうなので、トレバーも同じように
入ってきたのか?と考えると不思議でした。
もし、別の方法があるのなら、イーオンも
2回目に出るときに、布を伝って出る必要ないのに?
と思いました。

blog164.jpg

ラベル:映画 DVD
posted by こでぶのブーコ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(6) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

日本人にある和の心

人間の脳内に心地よく響く、音。
それは、自然の環境音に多いと思いますが、
他にもあることを発見しました。

そ、それは…



薪能です〜!

先日、薪能を見に行きましたが、
この音が何とも気持ち良いのです。

笛や鼓やかがり火のパチパチという音や
謡やそのかけ声やテンポの違いが、
何とも言えず、幽玄の世界に誘われます。

そして、その誘われ方が、実は別の世界へも…



グ〜、グ〜、グ〜…(* ̄。 ̄*)。。。oO

(○_○)パチッ
し、失礼しました〜!

なんて、心地よい音なのでしょう。
ついつい、眠りに誘われてしまいました。

これは、やはり日本人のDNAとマッチするから
なのでしょうか?

日本人の根底にある和の心「能」、
機会があれば、ぜひ一度見ることをおすすめします〜。

blog163.jpg


ラベル:文化 薪能
posted by こでぶのブーコ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

トム・ヤム・クン!

世界3大スープの1つですが、後2つ知っていますか?
フカヒレスープ・ブイヤベースらしいです。
(注…ボルシチという説もあり?)

さて、スープではなく、映画の「トム・ヤム・クン!」です。
タイの映画だからって、邦題を単純に
「トム・ヤム・クン!」なんかにして
ふざけている〜!と思って調べたら、原題は
な、なんと…




「TOM YUM GOONG」でした〜!
そのままかよ!(三村さん風)
♪〜( ̄ε ̄;)

日本映画「UDON」はうどんがテーマですが、
この映画はトム・ヤム・クンスープがテーマでは
ありません。
なのに、なぜこのタイトルなのか…?
ちょうど今、米国でも公開されているらしいし、
やはり、世界マーケットを意識したためでしょうか???


タイで象と共に暮らしていたカーム(トニー・ジャー)は、
父子2頭の象を連れ去った密輸組織から、象を取り戻すために
シドニーへと向かい、刺客たちに挑む…というあらすじです。


ストーリーや、繋がりの荒削りなところは、多々
突っ込みたくなりますが、(°°;)\(- -;)オイオイ
主演のトニー・ジャーはスゴ〜い!
彼の前作「マッハ!」を見ていないので、
どうバージョンアップしたのかは、わかりませんが、
とにかくアクションはすごいです〜。

彼なら、オリンピックで良いところまで行くのでは?
と思わせるほどの身体能力の高さです。
(何の種目?やはり、体操とかですか〜)

しかし、4分間の長回しによる連続バトルや、
49人の連続関節技などの戦いは、きっと
かなりの人が、大けがしてそうな気がしました。

実際、4分間の長回しは、体力の消耗が激しくて、
1日2回の撮影が限界だったらしいです。
ということは、いちいち寸止めだとか、手加減だとか
考えている余裕は無かったのでは…と思います。

この関節技は、ちょっとやりすぎ感があり、
効果音(バキッとか)も、もういい加減にして〜!
と言いたくなるほどでした。
イタイッテェ σ(TεT;)

それまでのアクションが迫力満点だっただけに、
この関節技がしつこ過ぎて、興ざめしたので
ちょっと残念でした。
(×_×#

blog162.jpg

ラベル:映画 DVD
posted by こでぶのブーコ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

ステーキハウスからカレーパン!

全国津々浦々、カレーパンは色々あります。
三田屋総本家のカレーパンです。

元々は、兵庫県三田市にあったステーキハウス
「三田屋」からだと思って、調べてみると、
な、なんとスゴイ?事実を発見しました〜!
えっー(ё_ё) (ё。ё)なにっー

実は、三田屋は、三田屋・三田屋本店・三田屋総本家の
3社あって、それぞれが完全に独立して、
資本関係も取引関係も全くないらしいのです。

そして、「連載三田屋物語」という読み物が掲載されていて、
それを読むと…



五兄弟の骨肉の争い物語!!

となっているではありませんか〜!
\((;◎_◎)/!

あいにく途中までで、つづくとなったままのようですが、
ぜひ最後まで読みたい物語でした。

少し前にあった、京都の老舗の一澤帆布(いちざわはんぷ)での
お家騒動を思い出しました。
(同じように兄弟間での争いです…)
(゜_、゜;)どよどよどよ〜ん

ところで、関西方面では、カレーといえば、
牛肉が当たり前なので、当然カレーパンにも
牛肉が入っています。
関東方面では、やっぱり豚肉のカレーパン
なのでしょうか〜!?

今のところ、このカレーパンは、大阪の2ヶ所でしか
販売されていないようですが、
カレーは、レトルトでも販売されています〜。

blog161.jpg



高級三田屋総本家カレー3種類セット



posted by こでぶのブーコ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

ファンタスティック・フォー

またも、アメリカンコミックの映画化です。
主役の超能力者4人を日本語にすると、
透明人間・ゴム超人・火の玉ボーイ・岩男と
ちょっと笑えるネーミングです〜。
(^u^)プププ


宇宙嵐を研究する科学者リード(ヨアン・グリフィズ)は、
大富豪のビクターの資金援助により、
スー(ジェシカ・アルバ)、ジョニー、ベンの5人で
宇宙へ向かいますが、宇宙嵐に巻き込まれ、帰還します。
その後、放射能によるDNA変化が起き、超能力が
現れます。
一方、大金を投じた実験が失敗したビクターにも、
超能力が現れますが…。


岩男のベンだけが、外見も変わっているのが、
おかしいです。
おまけに、あの衣装?は、30kg以上もするらしいです。

だいたい、同じように宇宙嵐を浴びているのに、
それぞれ違う超能力を持つこと事態、
何かおかしい気がします…。

大規模な交通事故が起こったときも、
それぞれの能力を発揮して、事故を収拾したから、
皆から拍手されるというのも、変な話でした。

だって、元はと言えば…



ベンのせいなのに〜!!

でも、コミックだし、面白かったということで
まあいいか〜という感じです。

せっかく、元の姿に戻れたベンだったのに、
仲間を助けるために、岩男にまた変化するなんて、
パート2を作るため…みたいな気がしました。

blog160.jpg

ラベル:DVD 映画
posted by こでぶのブーコ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(2) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

今までにないチーズケーキ!?

神戸元町が本店でスイーツ系の喫茶「観音屋」です。

ここのチーズケーキが有名?で、
TV「はなまるマーケット」のおめざのコーナーで
誰かに紹介されたらしいです。

さて、そのチーズケーキとは、円形で
下の土台は、マドレーヌみたいな感じです。
上には、とろけるチーズがのっています。
このとろけるチーズが甘くないどころか、
ごく普通のスライスのとろけるチーズと
同じ味をしています。

この塩味とマドレーヌ
一見、この組み合わせで美味しいのか!?
と疑問を持つかもしれませんが、
意外とマッチしています〜。

このチーズケーキは、必ずオーブントースターで
3〜5分焼いてからお召し上がりくださいということです。

私は、今まで食べたことが無い、
この組み合わせが結構気に入りました。
しかし、これって、マドレーヌ買ってきて、
その上に、スライスチーズをのせて、
オープントースターで焼いても
いける味なのでしょうか〜!?
一度、食べ比べてみる必要があるかも〜!?
O(°°)o ホヨ?

blog159.jpg



デンマークチーズケーキ

posted by こでぶのブーコ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。